「もとクリ」が内包していた「神学的意義」を佐藤優氏が、
「日本の黄昏」を巡る予言性を上田諭氏が、
論考して下さいました。

佐藤優氏が「名著、再び」(「週刊現代」連載10月29日号)で「クリスタルな世界で泥臭いことをするーー私を変えた小説」と題して、「もとクリ」を論じています。>>>PDF ★現代ビジネス「神学生だった佐藤優 … 続きを読む 「もとクリ」が内包していた「神学的意義」を佐藤優氏が、
「日本の黄昏」を巡る予言性を上田諭氏が、
論考して下さいました。