16/11月号 田中康夫の新ニッポン論㊶「Yurikoファースト」◆月刊VERDAD-ベルダ

2016年11月号 田中康夫の新ニッポン論㊶「Yurikoファースト」>>>PDFはこちら

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

「税金というお代を事前に頂戴するパブリック・サーヴァントの私たちは、県民に奉仕する総合サーヴィス産業の従事者です」。

44歳で信州・長野県知事に就任した2000年10月26日、部長会議で挨拶すると、年上の幹部職員から異論が続出します。我々がサーヴィス産業の従事者とは何事ぞ、と。税金で禄(ろく)を食(は)むにも拘わらず、「サーヴィス」や「奉仕者」は行政や政治に馴染まないと上から目線な深層心理の現れでした。

初登庁日、各部局への挨拶で僕が差し出した名刺を職員が折り曲げた事件をご記憶でしょう。メディアは挙(こぞ)って守旧派幹部の行為として報じ、全国から電話やFAX、手紙、更にはSNSなる符牒(ふちょう)が存在しなかった往時にメールも県庁に殺到。即刻配置転換すべしの意見が圧倒的でした。けれども僕は、引き続き企業局長の任を全(まっと)うして欲しいと彼に伝えます。

実は彼は、以下の台詞(せりふ)を僕に伝えた上で名刺を折ったのです。「今日から貴方は知事。我々と一緒に仕事をする同志だ。外部のお客さんじゃない。その証(あか)しとして・・・」と。膨大な数の同行記者やTVカメラのライトに上気しての突発的行為。が、報道番組もワイドショーも、「・・・」に当たる「この名刺は折り曲げさせて頂きます」の部分のみをオンエアしました。

4ヶ月後の2001年2月20日、「日本の背骨に位置し、数多(あまた)の水源を擁する長野県に於いては出来得る限り、コンクリートのダムを造るべきではない」と僕が「脱ダム」宣言で9つの県営ダム計画中止を発表するや、県議会の大多数から猛反発を受けます。すると5月の連休明け、彼は大胆不敵な「提案」を持って、ガラス張り知事室へ入って来ます。企業局は、県営水道や有料道路に加えて公営電気事業の発電所も所掌(しょしょう)していました。

天竜川水系の南アルプスが水源の三峰川(みぶがわ)最上流で国が直轄事業として計画する戸草ダムに、県が水力発電で事業参画する方針を見直したいと切り出します。ダム建設総事業費の3割を県が負担し、竣工後に電力会社に売電する事業計画は、管内の電力事情を鑑(かんが)みるに到底、採算が見込めない。従って過去14年間負担してきたダム調査費の今年度限りでの打ち切りを国土交通省中部地方整備局に伝えたい、と。僕は同意します。

豈図(あにはか)らんや国交省も県の動きを受けて戸草ダム計画の見直しを開始。僕が退任後の2008年、不要不急だと事業中止を正式発表。後に国交省幹部から耳打ちされます。有り難い切っ掛けでした、と。

星霜を経て東京都の小池百合子知事は、「全都庁の職員を粛正したい」と会見。タクシーのラジオで聴いた瞬間、ヨシフ・スターリンや金正恩(キム・ジョンウン)が好んだ「粛清」と早とちりし、鳥肌が立ちました。

「北風と太陽」のイソップ寓話を繙(ひもと)く迄もなく、「官VS民」と指弾される官に所属する一人ひとりとて、住宅ローンを抱え子供の教育に悩む民の1人。退任した先輩に累を及ぼす勿(なか)れと“冷温停止状態”に陥っていた、本来は有為な職員に人間の体温を取り戻して貰う事こそ、急がば回れ、伏魔殿と彼女も呼ぶ都庁改革の一歩です。

にも拘らず、「情報公開」を力説する上山信一特別顧問を筆頭に「進駐軍」が都庁改革本部で跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)。他方、ガバナンス不在を糾弾し、3施設の代替案を提示した「オリンピック・パラリンピック調査チーム」名の文書97ページの何処にも調査チーム・メンバーの名前が「情報公開」されていません。

アスリートの願いは後世に誇れるレジェンド=スタジアム。負のレジェンド=借金を生まないのが都民の願い。二律背反な「アスリート・ファースト」「都民ファースト」は着地点も見えぬまま迷走し、全ては「百合子ファースト」の一人舞台と化しつつあるのかも知れません。嗚呼(ああ)。

・連載バックナンバー>>>こちら
・VERDAD 16/10月号 田中康夫の新ニッポン論㊵「Tsukiji Fish Market」
・VERDAD HP>>>こちら

月刊「VERDAD」についてのご紹介は>>>こちら

参考資料

「脱ダム」宣言
http://yassy.system-a.org/hisyo/governor/declaration.htm
「脱ダム政策の哲学と実践」~やめればいいのではなく、新しい治水のあり方を示す~
http://www.nippon-dream.com/?p=16723
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/nodams.pdf

2016年10月22日TOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」文字起こし
http://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2016/10/24/051118

2016年10月25日 文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール 一発逆転!飛べサルクロスカウンター Yurikoファースト」?な東京都政&老獪なロシアとの北方領土交渉」