18/4月号 田中康夫の新ニッポン論57「承詔必謹」◆月刊VERDAD-ベルダ

18/4月号 田中康夫の新ニッポン論57「承詔必謹」
PDFはこちら>>>PDF

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

『日本書紀』に記されている「十七条憲法」。「承詔必謹(しょうしょうひっきん)」は、その第三条に登場する表現です。

「詔(みことのり)を承(う)けては必ず謹(つつし)め」。即ち「天皇の詔勅(しょうちょく)が下ったなら、必ず謹んで承らねばならぬ」。

が、大日本帝国憲法に引き継がれた「承詔必謹」は、“承る=拝聴する”の意味合いを何時の間にか捨て去り、「天皇の命を受けたら必ずそれに従え」と“拡大解釈”されるに至ります。これぞ正訳、と胸を張る向きも居られましょう。

呵々(かか)。天皇制こそ日本の「国柄」と語る面々は、「私自身としては、桓武(かんむ)天皇の生母が百済の武寧王(ぶねいおう)の子孫であると続日本紀(しょくにほんぎ)に記されていることに韓国とのゆかりを感じています」と平成13年=2001年12月の会見で、更に平成25年=2013年の会見では「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました」と、日本を主語として述懐した今上天皇の歴史認識を「承詔必謹」していますか?

豈図(あにはか)らんや、今上天皇の警句を歯牙(しが)にも掛けず、GHQに起用されたエリザベス・ヴァイニング女史が薫陶(くんとう)の「歴史改竄(かいざん)主義」など肯(がへ)んず、と嘯(うそぶ)く「ニッポン凄いゾ論」妄信者こそ、美濃部達吉翁とは似ても似つかぬ御都合主義「天皇機関説」信奉者に他なりません。

歴史を振り返れば、「終戦の詔勅」を以て天皇の詔勅は途絶え、軌(き)を一(いつ)にしてダグラス・マッカーサーなる御仁との写真が公開されるに至り、「承詔必謹」を発するのは占領国アメリカと信じて疑わぬ“歪(いびつ)な独立国”の道を、日本は歩み始めます。「日本を、取り戻す。」と声高に唱和し続ける面々とて、否(いな)、彼らこそ「日本を、取り漏(も)らす。」自家撞着(じかどうちゃく)に陥っています。

90年代初頭の湾岸戦争勃発時、「親米・反米」の二元論を超えて、その対象を、その都度、好きか嫌いかで捉える曖昧な感情が生まれていると僕は述べ、「嫌米(けんべい)」と名付けます。であればこそ、相方を諫(いさ)める「諌米(かんべい)」という助言・提言の心智(メンタリティ)こそが肝要、と強調するも、複数のインタヴューに訪れた海外メディアも含めて大方は、前者のみを報じたのでした。

仲睦まじき夫婦でも恋人でも時には曰く言い難き違和感を抱くものです。離婚・別離へと即座には至らぬものの・・・。厄介にも国際関係に於いては、国際連合加盟国家が突如として雲散霧消(うんさんむしょう)する訳もなく、であるなら、相方が歩むべき道を見失っている時には「正心誠意(せいしんせいい)」、道理を説いてこそ真のパートナー。

にも拘らず、環太平洋の国々より遙かに至近な国民国家(ネイションステイト)を痛罵(つうば)する「嫌中・嫌韓・嫌朝(けんちょう)」で糊口(ここう)を凌(しの)ぐ書き手(ものかき)・話し手(タレント)・送り手(メディア)が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)。

事大(じだい)主義とは異なる日本的慎み深さとしての「承詔必謹」の深意(しんい)を忘れ、「同盟国(アメリカ)」への盲目的「承詔必従(しょうしょうひつじゅう)」の阿諛追従(あゆついしょう)に血道(ちみち)を上げる“名誉白人”が愛国者として称揚される日出ずる国ニッポン。

斯(か)くもお花畑な島国の夢想を打ち砕いた3月5日実施の南北対話、3月9日発表の米朝首脳会談、3月26日実施の中朝首脳会談、4月27日予定の南北首脳会談。

対北朝鮮特使団の団長を務め、対米安全保障ライン担当で閣僚級の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全室長が米国・中国・ロシアへの一連の説明を担当。日本へ訪れたのは格下に当たる官僚の徐薫(ソ・フン)国家情報院長。

「日米首脳の考えは100%一致」。「護送船団」改め「誤送船団・記者クラブ」が喧伝(けんでん)していた、その相方のドナルド・トランプ大統領からの連絡も、記者発表の場へと移動する途中でした。

「黒田マジック」の出口は一向に見えず、海外では「縁故主義(ネポティズム)」と報じるモリカケ問題も危機拡大の後出し情報&質疑が炎上中。5年3ヶ月の「ニッポン凄いゾ論」の果てに見えてきたのは、畢竟(ひっきょう)、墓穴という世界から“置いてけ堀”な「出口戦略」だったのです(涙)

・連載バックナンバー>>>こちら
・VERDAD HP>>>こちら

月刊「VERDAD」についてのご紹介は>>>こちら

参考資料

2018年3月30日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫十七条憲法第三条が謳う「承詔必謹・しょうしょうひっきん」👑 大日本帝国憲法➡敗戦➡現在❣ 三度に亘る牽強付会な解釈変更の悲劇 😹 文字起こし
http://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2018/03/31/094714

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.260『安倍さんを苦しめるエセ「保守」マンセー諸君Part1 贔屓の引き倒しな「承詔必謹」を改めよ!』
http://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2018/04/04/184644

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.259『ホント情けないったらありゃしない (涙) “置いてけ堀”な地球儀“傍観”外交!』
http://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2018/04/04/114235

「承詔必謹」の深意を忘れた日本人―1945年 田中康夫
「文藝春秋」2012年新年号 特集「日本はどこで間違えたかーもうひとつの日本は可能だったかー」

http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/320daaa84f0192f2baf2ec1040c8e80b.pdf
http://www.nippon-dream.com/?p=6480
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/254

「ローマ法王の容赦なき警告」 田中康夫
「文藝春秋」2014年6月号 超大型企画「安倍総理の「保守」を問う」
http://tanakayasuo.me/archives/19903
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1022

平成13年「脱ダム宣言」巨額公共事業で地元は潤わない 田中康夫
「文藝春秋」2016年1月号 大型企画「日本を変えた51大事件」
http://www.nippon-dream.com/?p=15883

「脱ダム政策の哲学と実践」~やめればいいのではなく、新しい治水のあり方を示す~
http://tanakayasuo.me/archives/19549

「VERDAD」間違いだらけの日本の治水・治山
http://tanakayasuo.me/archives/21007