19/9月号 田中康夫の新ニッポン論74「体温が感じられる社会」

19/9月号 田中康夫の新ニッポン論74「体温が感じられる社会」

PDFこちら>>>PDF

http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2019/08/af685f889eb656d1e0ac436bff1e8381.pdf

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

「もはや社会なんてものは存在しない(There is no such thing as society)。自分で自分の面倒を見るのが国民の義務だ」。身も蓋もない経済的新自由主義の「自己責任論」を掲げてマーガレット・サッチャーが大英帝国の宰相に就任したのは40年前の1979年。

『ニューズウィーク』元東京支局長で『フォーリン・ポリシー』寄稿編集者のクリスチャン・カリル氏は著書『すべては1979年から始まった』で彼女を含む4名、即ち「改革開放」を旗印に建国30周年の中国で国家資本主義を導入した鄧小平、「東欧民主化」に向けて米国CIAと連携して故国ポーランドを訪問したヨハネ・パウロ2世、亡命先からイランに帰国し「イラン・イスラム革命」を主導したシーア派指導者ルーホッラー・ホメイニーを「21世紀を方向づけた反逆者たち」と規定。

奇しくも同年にアフガニスタンへ侵攻したソビエトは10年後の89年に消滅し、ベルリンの壁も崩壊。市場原理主義と宗教原理主義が世界を席巻する中、『ジャパン・アズ・ナンバーワン』とエズラ・ボーゲルが持ち上げた日出ずる国も現在、“昏迷(こんめい)”しています。

7月8日付『日本経済新聞』が報じた「主要商品・サービスシェア世界市場調査」で、有機ELパネルも大型液晶パネルも上位5社は韓国・中国・台湾の企業が独占。エレクトロニクス分野13品目の上位5社に日本企業は皆無。高品質なメイド・イン・ジャパン銘柄が信頼を勝ち得ていると思いきや、5分類された医薬品に加えて化粧品・腕時計・ビール・茶・スポーツ衣料・冷蔵庫・洗濯機・太陽光パネル・風力発電機も上位5社は「ジャパン・ナッシング」。

にも拘らず経済産業省が主導する旧・産業革新機構=現INCJ、クールジャパン機構=海外需要開拓支援機構の官民ファンドがジャパンディスプレイ、ルネサス エレクトロニクス等のゾンビ企業の延命に血税を注ぐ、倒錯した“ニッポン凄いゾ論”が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)。

「臨海部を活性化する上で有効だ」。既に2年8ヶ月前、「特定複合観光施設区域の整備に関する法律=カジノ解禁法」成立の時点で明言していた横浜市長。今年8月22日の会見で改めて、「カジノを基軸とする統合型(インテグレ-ティッド)リゾートの誘致」こそ「市民の皆さまの安全、安心、幸せな生活をしっかりお支えしていく為の最も良い方法」と胸を張り、「今年をピークに人口が減少に転じ、消費や税収の減少、社会保障費の増加、経済活力の低下と厳しい財政状況が見込まれる」と決断理由を述べました。日本全体が人口減少していくのに不可解な“ヨコハマ凄いゾ論”です。

「(1万店舗の)パチンコは地域と関連が深く、自治体に利益を還元する道があってよい」。この6月に『私の履歴書』で看破(かんぱ)した、旧自治省で市町村税課長を経験した石原信雄・元内閣官房副長官と共闘して政府に物申してこそ、政令指定都市20市の中で最も多い347万人を擁する横浜市が、輝く自治体の星となり得る好機。

大王製紙創業家3代目の井川意高氏は自身の経験を踏まえて「日本のカジノ法は童貞と処女がAVの脚本を書いてるレベル。(百戦錬磨な海外の業者にとっては)赤児の手を捻(ひね)るようなもの」と語ります。「悪い波を止め、自分たちの街は自分たちで守るのが『波止場』の心意気」と矍鑠(かくしゃく)たる89歳の藤木幸夫・横浜港運協会長も、昨夏に僕との対談で喝破(かっぱ)。

「クルーズ船も横付け可能な保税地域の山下ふ頭に(10万平米にも満たない東京ビッグサイトを超えて)他国に伍する25万平米規模の見本市展示場を民設・民営で設けるハーバーリゾートこそ、持続可能な雇用と活力を地元に生む」。人間の相貌(かお)と体温が感じられる港町を願う藤木翁の卓見です。

本稿「体温の感じられる社会」は、1979年にマーガレット・サッチャーが打ち出した経済的新自由主義から40年、
政治も経済も文化も「視野狭窄」な人物や現象が世界的に横溢(おういつ)する2019年の今を語った「憂国呆談」
更に横浜のマハティールと呼ばれる藤木幸夫・日本港運協会副会長との対談
を始めとする以下の寄稿のエッセンスを鏤(ちりば)めた文章です。
エッセンスを鏤(ちりば)めた文章です。

今や2次下請け3次下請けに甘んじる日本の産業の空洞化、組織の体を成していない経団連加盟企業・吉本興業、
“ニッポン凄いゾ論”に酔い痴れる経済産業省の没落を扱った『サンデー毎日』8月11日号寄稿「吉本“茶番劇”に、この国の絶望を思う。」

「法治国家」から「放置国家」を経て「呆痴国家」へと驀進(ばくしん)する
平成最後のニッポンを読み解く『サンデー毎日』2月3日号寄稿「平成風景論 『法治国家』ニッポンの宿痾(しゅくあ)」
の2本をお読み頂ける「不毛なニッポンの宿痾」まとめサイト http://tanakayasuo.me/heisei

藤木幸夫・横浜港運協会会長との対談を始めとする「不毛なカジノ是非論争を超えて」まとめサイト http://tanakayasuo.me/mice
30年に及ぶ浅田彰氏との「憂国呆談」の当該号(2019年3月号) http://tanakayasuo.me/archives/24204
「憂国呆談」バックナンバー http://tanakayasuo.me/archives/category/sotokoto

藤木幸夫・横浜港運協会会長との対談を始めとする「不毛なカジノ是非論争を超えて」まとめサイト http://tanakayasuo.me/mice
2019年8月28日「モーニングCROSS」でのYa‘ssy発言を始めとする文字起こしまとめサイト
https://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2019/08/28/120404
30年に及ぶ浅田彰氏との「憂国呆談」の当該号(2019年3月号) http://tanakayasuo.me/archives/24204  https://sotokoto-online.jp/70
「憂国呆談」バックナンバー http://tanakayasuo.me/archives/category/sotokoto 
「カジノというコンテンツ」 『VERDAD』2018年8月号「田中康夫の新ニッポン論」Vol.61
http://tanakayasuo.me/archives/25541

YouTube公式チャンネル「だから、言わんこっちゃない!」
Vol.581カジノありきのハコモノ三段論法では欧米どころかアジアにも太刀打ち出来ない!
イデオロギーを超越した国士・藤木幸夫さんのヨコハマ愛!
https://www.youtube.com/watch?v=QotwdHmwCQc&t=527s
Vol.586 宿泊無しでも千客万来な小江戸川越 そぞろ歩き温泉街で復権の城崎温泉 「他力本願では港町KOBEの後塵すら拝する」危機感を抱いて奮闘する ハマっ子の地頭こそが超~カジノ宣言の原動力だ!
https://www.youtube.com/watch?v=pVlwcPKF7KM&t=59s
Vol.585 . 黒船軍団の利権「囲い込みカジノ」は巨大温泉ホテルと同じオワコンだ! 公金で海外視察の国会議員と真逆な自腹主義のYa‘ssy 10ヶ国のカジノ体験に基づき井川意高氏とは異なる視点で看破!
https://www.youtube.com/watch?v=1CWWMr4i7Ik
Vol.583カジノありき妄信論の皆さんがYa‘ssyに脊髄反射w
明日まで見逃し視聴可能な「モニクロ」動画!
言葉尻に固執する香ばしい程に痛い理解力なき方々のツイートを紹介しながら再解説!
https://www.youtube.com/watch?v=arkfl-JAen0
Vol.580 人類最古の職業は泥棒・娼婦と博徒! だからカジノYES or NOの短絡思考でなく 地元にカネが落ちないダム建設と同じバキューム産業がカジノ! 十年先のニッポンを見抜く横浜港運協会長の諫言!
https://www.youtube.com/watch?v=tydCisPMaDg&t=7s

「田中康夫の新ニッポン論」アーカイヴ>>>こちら
・VERDAD HP>>>こちら