迷走・混迷する築地⇒豊洲移転問題の深層

築地の現在地売却で1兆円単位の巨額の浮利を得ようとマネーロンダリング的発想でスタートした東京都中央卸売市場の「移転問題」。 豊洲の予定地は売主の東京ガスが買主の東京都に対し、「築地市場の豊洲移転は、基本的に受け入れ難い」...

「文藝春秋」6月号の超大型企画『安倍総理の「保守」を問う』「日本の針路はどこに向いているのか。我等の漠たる不安に百人の叡知が答える。」に、 「ローマ教皇の容赦なき警告」と題して寄稿しました。◆文藝春秋

「ローマ教皇の容赦なき警告-教皇フランシスコとエドマンド・バークの通奏低音」 ・安倍総理の「保守」を問う(目次・巻頭・原稿) >>>PDF ・ローマ教皇の容赦なき警告(原稿)>>>PD...