#ヤッシー訴えられちゃいました
#世界一のクリスマスツリー
「スラップ訴訟」受けて立ちましょう❣

NEW 6月26日付「神戸新聞」に記事が掲載されました!

プラントハンター西畠氏が田中康夫氏提訴 巨大ツリー企画で名誉毀損https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011387433.shtml

7月11日(水)午前10時 神戸地方裁判所第101号法廷で第1回口頭弁論が開かれました!

世界一ツリー 記事削除求め裁判 NHK
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180711/0003911.html

神戸のクリスマスツリーめぐり 田中康夫氏を提訴 ABC朝日放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010006-asahibcv-l28

「商魂そのもの」と論評 田中康夫氏に謝罪求め提訴 テレビ朝日
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131543.html

7月11日(水)当日は、原告側の弁護士2名が出廷し、数分間で閉廷したとの報告を受けています。
刑事訴訟の公判と異なり、民事訴訟の口頭弁論は、
原告側と裁判所側の打ち合わせで第1回の期日が決定された後、
被告側に事務連絡としての呼出状が送達されます。
この為、民事訴訟に於ける第1回口頭弁論は、被告側の出頭なしで開廷されるのが常です。
今回も、被告側の訴訟代理人の2名の弁護士は何れも、別の裁判が同時間帯に重なり、
事前の7月4日に神戸地方裁判所第1民事部に提出した、以下の答弁書の読み上げが法廷で行われました。

答弁書のPDFはこちら>>>PDF

NEW
9月3日(月)
神戸地方裁判所にて、担当の第1民事部裁判官、原告・被告双方の訴訟代理人との間で、
打ち合わせが非公開で行われ、被告側から第1準備書面の陳述を行いました。
次回は原告側の主張が行われる予定で、11月14日(水)13時30分の期日指定が行われました。
当日は、神戸新聞、サンテレビ、読売テレビの各媒体が取材に訪れていました。

これまでの「お復習(さら)い」!

「#銀座ソニーパークださい」まとめサイトも新たにオープンしました!
http://tanakayasuo.me/gs89

参考資料(原稿・記事・訴状等)

『被災地・神戸 「世界一のクリスマスツリー」狂騒曲』原稿 http://tanakayasuo.me/tree#20171224128_1212

「サンデー毎日」版
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2017/12/3a6e0d59b4098af93153b10aeb358851.pdf

「デジタル毎日」版
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/0d727f802809a32179b7628f957a050b.pdf

「東京新聞」「こちら特報部」「『世界一のツリー』虚飾が“炎上”招く」
http://tanakayasuo.me/tree#i-2

右面PDF 「盛りすぎ企画 見抜かれた
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/KOBETree_tokyonews_1.pdf

左面PDF 「手抜きで底浅く、情けない」
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/KOBETree_tokyonews_2.pdf

訴状PDF
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/04/a4eb66e668385f64e577dd5e478af353.pdf

証拠証明書PDF
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/04/f3fdf6e67834255018b2b1dcf256ba89.pdf

MBS毎日放送NEWS動画 6月27日
プラントハンターが田中康夫氏を提訴 クリスマスツリーイベント批判をめぐり
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180626/GE000000000000023233.shtml

Y’assyコメント🕺🏼
川西市火打在住の西畠清順原告が「名誉毀損」と田中康夫被告への訴状で記す内容を具体的に紙媒体・電子媒体に掲載した
編集・発行・掲載元の毎日新聞出版社&毎日新聞社、並びに中日新聞社(東京新聞)には、
6月26日現在も損害賠償請求等請求事件の訴状は一切到着していません。
編集部からの依頼原稿が「発端」にも拘らず、原告訴訟代理人弁護士が所属する弁護士法人淀屋橋・山上合同の極めて理解に苦しむ「二枚舌」対応です。

神戸地方裁判所伊丹支部から神戸地方裁判所に回付された
原告 西畠清順 被告 田中康夫 事件番号 平成30年(ワ)第74号 損害賠償等請求事件は、
新たに事件番号 平成30年(ワ)第780号 損害賠償等請求事件として
来たる7月11日(水)10時から神戸地方裁判所第101号法廷で
第1回口頭弁論が開廷する旨、呼出状が届きました。

猶、原告訴訟代理人弁護士から、訴状1頁記載の訴訟物の価額を15,600,000円へと100,000円増額する旨、訂正申立書が5月21日付けで提出されています。

Vol.328『#世界一のクリスマスツリー #ヤッシー訴えられちゃいました どうやら7月11日に神戸地方裁判所に出頭する第1回口頭弁論期日呼出状が届いているらしいなのだⒸバカボンのパパ』

 

神戸地方裁判所伊丹支部民事A係から5月7日付で、
原告 西畠清順 被告 田中康夫の事件番号平成30年(ワ)第74号 損害賠償等請求事件は、
神戸地方裁判所に回付するとの「事務連絡」が届きました。

「#ヤッシー訴えられちゃいました」中の人 

神戸地方裁判所伊丹支部民事A係からの3月28日付「事務連絡」
「本件について合議体で審理するのが相当であると考え、神戸地方裁判所本庁への回付を検討しています」に対し、
税金の「無駄遣い」を防ぐべく、
「貴支部に於ける審理(単独審)で何ら問題ないと思量します」
とFAXしていましたが、上記の「事務連絡」を5月9日に受け取りました。

神戸地方裁判所担当裁判官一覧
http://www.courts.go.jp/kobe/saiban/tanto/tisai_tanto/index.html

合議審(裁判所法第26条)
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%B3%95%E7%AC%AC26%E6%9D%A1

 


 

私ヤッシー 田中康夫の元に神戸地方裁判所伊丹支部から、事件番号 平成30年(ワ)第74号に関する事務連絡がありました。

当該事件は、兵庫県川西市火打一丁目2盤1号419の西畠清順が原告として提訴した損害賠償等請求事件で、被告は東京都港区赤坂六丁目9番1―703号の田中康夫です。

これに伴い

NEW 完全更新版 これってアフリカの無慈悲なライオン・ハンティングと同じだよ!
「意識高い系」糸井重里&ほぼ日刊イトイ新聞が、三百代言な「プラントハンター」西畠清順と一芝居打った「被災地」KOBEのX’masツリー狂騒曲(涙)

のタイトルで、これまでご愛顧頂いていたサイトは4月22日以降、

#ヤッシー訴えられちゃいました
#世界一のクリスマスツリー
「スラップ訴訟」受けて立ちましょう❣

に変更します。

スラップ訴訟とは:SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participation

詳しくは➡ https://toyokeizai.net/articles/-/3626

vol.281『サイコパスは魅力的Ⓒ中野信子女史 #世界一のクリスマスツリー #ヤッシー訴えられちゃいました Part1』

「#世界一のクリスマスツリー」に関する昨年12月以降のヤッシー原稿、関連記事、動画「だから、言わんこっちゃない!」は、スクロールするとご覧頂けます。

神戸地方裁判所伊丹支部が平成30年(2018年)3月28日付で当方(被告 田中康夫)に送付の書面等一式は、

  1. 事務連絡(計1枚)>>>PDF
  2. 訴状(計26頁)>>>PDF
  3. 証拠説明書(計5頁)>>>PDF
  4. 甲号証(枚数膨大)
  5. CD(計4枚)

の順番でした。

より判りやすくご理解頂く為に、先ずは②の1頁から掲出します。
神戸地方裁判所伊丹支部民事A係から届いた訴状(副本)

訴状のPDFはこちら(全26ページ)>>>PDF
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/04/a4eb66e668385f64e577dd5e478af353.pdf

訴訟物の価額は15,500,000円、貼用(ちょうよう)印紙額は68,000円で、
原告訴訟代理人弁護士は計4名です。

平成30年(2018年)2月1日に弁護士法人 淀屋橋・山上合同事務所所属の弁護士 金大燁 増山健の両名が、第103-40-61556-3号 書留内容証明郵便物で当方に送付した「通告書」。
これに対し2018年2月15日に当方から、第126-51-75369-0号書留内容証明郵便物で先方に送付した「回答書」は既に当まとめサイトに掲出済みです。
(スクロールすると「ロッタ&執事ヤッシー」の写真の後に登場します)
今回は新たに
弁護士法人 橋口法律事務所所属の橋口玲 平井遼介の両名も、原告訴訟代理人弁護士として加わっています。

続いて②の3頁以下に「請求の趣旨」「請求の原因」が22頁まで列記されています。
②の23頁は「別紙1 ウェッブページ目録」
②の24、25頁は「別紙2 投稿動画目録」
②の最終頁にあたる26頁は「別紙3 謝罪文目録」です。

続いての証拠説明書(計5頁)も含めては全てPDFでご覧頂けますが、多忙を極める諸姉諸兄の為に、3頁の「請求の趣旨」と「請求の原因」の冒頭、並びに26頁にあたる「別紙3 謝罪文目録」も以下に掲出します。
その他の4頁から25頁はPDFでご覧下さい。

  1. 事務連絡(計1枚)>>>PDF
  2. 訴状(計26頁)>>>PDF
  3. 証拠説明書(計5頁)>>PDF

④甲号証の符牒を冠した文書・写真等は膨大な為、追ってPDF化する予定です。

同じく諸姉諸兄への便宜を図り、②の26頁「別紙3 謝罪文目録」も、こちらでご笑覧頂けます。

 

 

続いて神戸地方裁判所伊丹支部民事A係からの①事務連絡と、これに対する当方からの「事務連絡」をご覧頂きましょう。

(猶、「原告 西畠清順の意思で提訴された公的な損害賠償等請求事件」の性格に鑑み、裁判所書記官の氏名も含めて今後も全て「ガラス張り」でお伝えします。)

毎日新聞出版株式会社、株式会社毎日新聞社が2018年1月18日に送付した「回答書」

#ヤッシー訴えられちゃいました 素朴な疑問その1

「サンデー毎日」2017年12月24日号(12月12日発売)に「被災地・神戸『世界一のクリスマスツリー』狂騒曲」を掲載した毎日新聞出版株式会社と毎日新聞社(以降、両社と表記)にも、仕事納めの昨年12月28日送付で「通知書」(今年2月1日送付のヤッシーに対する「通知書」と同様の内容)が仕事始めの今年1月4日に届き、ヤッシー同様に両社も、「通知書」の請求には一切応じられません旨の「回答書」を送付しているにも拘らず、「アースデー」の4月22日現在、神戸地裁伊丹支部からの「事務連絡」は両社に対して届いておりません。

即ち、原告 西端清順並びに4名の原告訴訟代理人弁護士は、1月18日に両社が「回答書」を送付以降、何らの「アクション」も両社に対して起こしていないと思量され、その「整合性」が問われる所です、ね!

「アースデー」の精神を真っ当に理解するトイプードルのロッタと妻の惠と「3人」で、「サステナブル」wな地球環境を願って、これからお出掛けしま~す💖

2018年4月22日 不吉な数字の13時に脱稿ね

ロッタの執事 田中康夫

P.S.  SNS等で発信される際は、以下の2つのハッシュタグをお付け下さい。
#世界一のクリスマスツリー #ヤッシー訴えられちゃいました


 

NEW
「プラントハンター」西畠清順(にしはた・せいじゅん)ちゃま代理人に「回答書」を送付しました!

弁護士法人 淀屋橋・山上合同 所属弁護士 金大燁(きん・だいよう)、増山健2018(ますやま・けん)両名に
2月15日、赤坂郵便局から書留内容証明郵便物として送付しました。

文面はこちら>>>PDF
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/02/77ea49cbe9070331ea99757607e14eb2.pdf

先方からの「通告書」も引き続きご覧頂けます。

プラハン西畠清順ちゃまの代理人から「通告書」が送付されてきました!

PDFはこちら>>>PDF
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/02/2_2_.pdf

糸井重里ちゃま全面支援の「#世界一のクリスマスツリー」が大成功!と喧伝し続ける
「プラントハンター」西畠清順ちゃま「通知人」の代理人を務める弁護士法人 淀屋橋・山上合同所属の
金大燁(きん・だいよう)・増山健 両人からの「通告書」が配達されました。

昨年12月28日、ほぼ同内容と思われる「通知書」を
同弁護士法人が(株)毎日新聞社、毎日新聞出版(株)に送付してから1ヶ月余り、
漸く当方の住所を把握したのか、2月1日消印・翌2日に配達された「通告書」を
KOBEを愛し、神戸市を憂う全国・全世界の方々の切なるご要望にお応えし、
全文掲載します。

皆さまからの忌憚なきご意見・ご感想・ご提案をお待ちしています。
Address yassy@tanakayasuo.me
Line yassy0412
Messenger m.me/yassy.tanaka.1
Twitter @loveyassy

関連するYouTube動画抱腹絶倒!「世界一のクリスマスツリー」 プラハン西畠清順ちゃまから「通告書」が届いたよ!』を目次の下に掲載しておりますので、そちらもぜひ御覧ください。


✽このまとめサイトは「敬称略」で表記しています。

目次

Vol.215『抱腹絶倒!「世界一のクリスマスツリー」 プラハン西畠清順ちゃまから「通告書」が届いたよ!』

「サンデー毎日」2017年12月24日号(12月8日校了 12月12日発売)寄稿
『被災地・神戸 「世界一のクリスマスツリー」狂騒曲』

PDFはこちら>>>PDF

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

被災地・神戸「世界一のクリスマスツリー」狂騒曲
「鎮魂」を大義名分にした「商魂」が、SNSで大炎上
真っ当な「意識高い系」はどっち?

『サンデー毎日』2017年12月21日号

<リード>

被災地・神戸の「復興と再生」を謳(うた)い、富山県氷見(ひみ)市の巨木をメリケンパークに移植した「世界一のクリスマスツリー」に批判が集まっている。建前とは裏腹な「商魂」が人々に見抜かれた感もあるが、この問題が浮き彫りにしたものは何か? 田中康夫氏が読み解く。

<本文>

「輝け、いのちの樹。めざせ! 世界一のクリスマスツリープロジェクト」と銘打って神戸市のメリケンパークで開催中(12月2日~26日)のイヴェントが“耳目(じもく)”を集めています。

「NYのロックフェラーセンターのクリスマスツリーよりも大きな生木のツリーをメリケンパークに飾るプロジェクトが西畠清順(にしはた・せいじゅん)の総合プロデュースで始動。富山県氷見(ひみ)で発見された推定樹齢150年の『あすなろの木』を海陸1,000km以上運ぶ史上最大の樹木輸送プロジェクト! 復興と再生の象徴として未来へ希望のメッセージを送ります」。

その「口上書き」は、「メディア」と呼ばれるTV等の領域では総じて「肯定的」に、「SNS」と呼ばれるインターネットの領域では極めて「否定的」に捉えられました。洋の東西を問わず、「経済的新自由主義」という昨今の経済政策が、「供給側=サプライサイド」と「需要側=ディマンドサイド」で真逆(まぎゃく)な評価を受けているのと相似形(そうじけい)です。

ツリーがモミでなくアスナロなのはご愛敬(あいきょう)としても、この企画は“紛い物(まがいもの)”だと僕は直感。「YouTube」に自分の考えを述べた複数の動画を投稿。「メディア」の記事、「SNS」の発言へのリンクもHP上に設営。「これって無慈悲なアフリカのライオン・ハンティングと同じだよ!『意識高い系』糸井重里(いとい・しげさと」&ほぼ日刊イトイ新聞が、三百代言(さんびゃくだいげん)な『プラントハンター』西畠清順と一芝居打った『被災地』KOBEのX’masツリー狂騒曲」のタイトルと共に。

「プラントハンター」を名乗る西畠は「150年続く花と植木の卸問屋『花宇(はなう)』の五代目」。兵庫県川西市で生まれ育ち、「ひとの心に植物を植える」為(ため)に「日本全国、世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。国内外含め、多数の企業、団体、行政機関、プロの植物業者等からの依頼に応え、さまざまなプロジェクトを各地で展開、反響を呼んでいる」と自らアピールする「そら植物園(株)代表取締役社長」です。

WEB上で糸井が主宰する「ほぼ日刊イトイ新聞」(「ほぼ日」)は、「近くで山火事があったときも、この木だけは燃えずに残った奇跡の木だからこそ、神戸という復興と再生の都市に運ぶことでなにかを感じてもらえる」と全面支援。「ロケット輸送で使う『特殊トレーラー』に載せ、氷見の山中から陸上輸送。伏木(ふしき)富山港で巨大船に運び込み、日本海から瀬戸内海を経て神戸港に到着」した全長31メートル、総重量24トンの木をクレーンで「移植」する迄(まで)の全行程を時々刻々、詳細に報じました。

「ほ~ら、初冬に神戸に~♪ 見に見に 見に来て~ね」と糸井が自ら告知(ツイート)した「世界一のクリスマスツリー」の植樹式。NHKもヘリコプターを飛ばして「おはよう日本」、「あさイチ」の両番組で生中継を敢行。

が、好事魔多し(こうじまおおし)。79年前の昭和13年に1500戸余りが大火で焼失した氷見の中心街からは8kmも離れた山中に群生していた、樹高から推察するに樹齢250年を優に超える樹木の1本を、神戸開港150周年と「符節(ふせつ)」を合わせて樹齢150年の「奇跡の木」と虚偽告知(フェイクニュース)したのでは、とSNS上で疑念が示されます。皮肉にも「ほぼ日」が掲載した写真で判読されたのでした。

而(しか)も移植先は「海水液状化土壌」のメリケンパーク。根腐れ必至です。すると、「ヒノキになりたくてもなれない『落ちこぼれの木』が脚光を浴びて世界一!」と高言(こうげん)していた西畠は更に巧弁(こうべん)。「寿命を終えた特別な木」はメモリアルバングル(うでわ)として「再生」。1個3800円で通販しますと。

「鎮魂」「復興」を大義名分に、植物の命を弄(もてあそ)ぶ「商魂」そのものと批判が噴出。「究極のエゴは大衆も満足させる」と嘯(うそぶ)き、“ゾッキ本”が自慢の「TSUTAYA図書館」を全国で増殖する増田宗昭(ますだ・むねあき)が率いるカルチュア・コンビニエンス・クラブと並んで、主催の神戸市と共に実行委員会に参画していた、神戸が本社の通信販売会社フェリシモは販売中止に追い込まれました。

すると西畠は、北野異人館街よりも浜っ側(はまっかわ)に位置する生田神社の「鳥居」としてサステナブルに有効活用します、と大胆不敵に耶蘇(キリスト)教と神道の「止揚(アウフヘーベン)」も企(たくら)む後出しジャンケン。挙げ句、「見るのが嫌な人は見なければいい」と『神戸新聞』で逆ギレ発言。何とも香ばしい燃料を投下し続けるサステナブルな御仁(ごじん)です。

他方、その彼を全面支援していた筈(はず)の上場企業「(株)ほぼ日」代表取締役社長は、以下の呟き(ツイート)以降は沈黙しています。「冷笑的な人たちは、たのしそうな人や、元気な人、希望を持っている人を見ると、じぶんの低さのところまで引きずり降ろそうとする。じぶんは、そこまでのぼる方法を持っていないからね」と。

併(あわ)せて、阪神間在住の女性の呟きも載録(さいろく)を。“上から目線”な「供給側」より市井(しせい)に生きる「需要側」の方が遙(はる)かに真っ当な「意識高い系」だと知らしめたのが、今回のイヴェントの「成果」と得心(とくしん)するでしょう。

「各所で起きた火災が燃え広がり、街が黒い炭になるのを人間が見てるしかなかった光景を、映像であれ実際にであれ覚えてる人は・・・大木を故郷の地から引き離し、僅(わず)かな期間だけ飾って切り刻むことに『鎮魂』を結び付けられても違和感しか感じない」と。

鵯越(ひよどりごえ)の源平合戦、楠木正成(くすのき・まさしげ)の湊川(みなとがわ)合戦以降、絶(た)えて歴史教科書に登場しなかった農山漁村は慶応3年=1868年に貿易港へ突如変身。富国強兵の造船所や製鋼所に人々が九州や沖縄、朝鮮半島から民族移動。その明治初期、牧野富太郎(まきの・とみたろう)が慨歎(がいたん)する程の乱伐で六甲山は惨憺(さんたん)たる状況。複数回の大水害に見舞われ、広葉樹を中心とする理想的な針広混交林(しんこうこんこうりん)へと緑化を推進。六甲山の現在の風光は、お金に換算し得ぬKOBEの財産。

二百歩譲って海端(うみばた)にツリーを望むなら、六甲山中の老木を「移動」させ、その最期を「地産地消」で愛(め)でてこそ「高度消費社会」を牽引(けんいん)した「意識高い系」の面目躍如(めんもくやくじょ)だったでありましょうに。(文中敬称略)

サンデー毎日のデジタル記事はこちら
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/0d727f802809a32179b7628f957a050b.pdf

https://mainichi.jp/sunday/articles/20171211/org/00m/050/002000d をクリックすると「404 Error ページが見つかりませんでした。」と現在は表示されます。これは「1ヶ月間の公開期限を過ぎた記事」が自動的に削除されるニュースサイト「毎日新聞」の規定に基づくものです。
✽「弁護士法人 淀屋橋・山上合同」と印字された封筒で毎日新聞出版(株)宛に2017年12月28日 大阪淀屋橋郵便局から内容証明郵便物として差し出された「通知人 西畠清順 通知人代理人 金大燁 増山健」からの「通知書」に基因する削除ではありません。

「だから、言わんこっちゃない!」Vol.192
やっぱり「奇跡の木」は大ウソだった(爆)
炎上し続けるwKOBEクリスマスツリーその後!

Vol.184『これぞニッポンの劣化!?Part2 自称「プラハン」から学ぶ「喧嘩の仕方」w』

Vol.183『これぞニッポンの劣化!?Part1 X‘masツリー弁護士「スラップ」もどきの香ばしい文章作法w』

『なぜ「奇跡の木」なのか』(Ⓒ「ほぼ日刊イトイ新聞」)に関する西畠清順&糸井重里の「主張」

「山火事から唯一、生き残った木」 Ⓒ西畠清順

「これまで富山の山奥で、だれからも見向きもされずに、ひっそりと自生していたあすなろの木」「なぜこの木だけが、これほど大きくなったかというと、近くで山火事があったときも、この木だけは燃えずに残った、という歴史があるんです」「そういう奇跡の木だからこそ、神戸という復興と再生の都市に運ぶことで」「みなさんに届けられるメッセージがあると思うんです」 Ⓒ西畠清順

http://www.1101.com/pl/171114christmas/statuses/288417

海を越え、山を越え31メートルの大きな木がやってきた!「世界一のクリスマスツリー」の植樹式。を神戸からテキスト中継!

http://www.1101.com/pl/171114christmas/?dt=20171114110000&ob

その「主張」が「フェイク」だった「事実」を報じた「東京新聞」「こちら特報部」

2017年12月24日付「東京新聞」「こちら特報部」
「世界一のツリー」虚飾が“炎上”招く
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/KOBETree_tokyonews_1.pdf

2017年12月24日付「東京新聞」「こちら特報部」
盛りすぎ企画 見抜かれた
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/KOBETree_tokyonews_2.pdf

「人知れず山奥に自生」の説明、一転

「海に近いJR氷見駅から車でさらに三十分弱。一刎(ひとはね)の集落に着いた」。「山あいの集落にしては広い道の横に、掘り返されたばかりの土の跡。アスナロはそこに立っていた。道を挟んで向かいに住む男性(七〇)が所有者だった」。

「アスナロは根が弱いそうだ。「土がしっかりしていないとひっくり返る。そうなれば切るしかない。そんな木がツリーになるのなら」と話に乗ったという。この木にしたのは広い道に近く、運びやすいからだったらしい」とも」。

「周囲をみると、背の低い広葉樹の林には三十メートルはあろうかという杉やアスナロがあちこちから頭を出していた」。

「ちなみにツリーの主催側では「山火事から唯一、生き残った木」と説明していたが、妻は「木の前にあった家が燃えたことがあった。それを聞き間違えたのでは」と首をひねった。集落を回ると「ツリーの話が出るまで、そんな木は知らなかった」と誰もが言う」。

木を利用、記念品白紙

「話を盛りすぎた。核(コア)があって盛るならプロデュースで感動を呼ぶ。しかし、核(本質)がないのにやってしまった。広告でもここまでは許されるという線があるのに彼らにはなかった」と、阪神・淡路大震災でボランティア活動をした元長野県知事で作家の田中康夫は語る」

「『モミじゃなくてアスナロ?』『今どき世界一?』という部分で、何か匂(にお)った。『生木で持って来るのは素晴らしい。木を殺さないなんて』と感心したら、植えるのは海のそば。その後は生かすのでなく有効活用すると。それで多くの人がおかしいと思った」

そして、変な臭(にお)いを嗅ぎ付けた人たちがネット上で集まり、主催者側の飾り付けをひとつひとつ剥(は)いでいった。田中は「以前は弱者だった消費者側が、供給側のおかしさを見抜いた。そんなパラダイム転換があった」と分析した。

『世界一のクリスマスツリーPROJECT』について僕が考えていたこと
池本孝慈 東京糸井重里事務所元スタッフ

http://mb101bold.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/project-73ef.html
http://blogos.com/article/269069/

「池本孝慈の超広告批評」『反社会的物語を拡散する「糸井重里の責任」』

「この手の広告手法を物語ブランディングと呼ぶ。世界一のクリスマスツリーというイベントに物語をつけて広告する・・・その物語が虚偽であり、かつ反社会的である場合は看過できない」

「問題の本質は、木の命を粗雑に扱ったことでも、人々の善意を儲けや自己宣伝に利用したことでもない。鎮魂という重く複雑なテーマを絡め、崇高な生の物語を偽装し、空前のパブリシティを実現させることで多くの人々を動員しながら、公共に死の物語を持ち込んだこと、そして、それこそ彼らが伝えたかったメッセージだったということのお反社会性にある」

「糸井は、炎上直後に行われた西畠とのトークショーで<いま清順君がやってるようなことって、将来、ああいうことをやって植物が普通に必要だってことをわからせてくれたんだってなる>と述べ、西畠は<最低これくらいのことをせんと、世界は変わらんと思っている>と応じている」

「確信犯なのだ。世界を変えるために、被災地神戸のクリスマスという高度に公共的な祝祭空間に象徴化された死を顕現させる。つまり、愚かな大衆に死をもってわからせるということを彼らはやろうとした」

「テロリズムを援用したかのような、この稚拙な物語を社会は許容しない。それが23年前、阪神・淡路大震災による混乱の中、オウム事件(地下鉄サリン事件)を経験した社会の成熟であり、この炎上の本質的な意味である」

月刊「ZAITEN」2月号

前出の発言が交わされた 糸井重里☓西畠清順 対談トークイベント12月4日『わあ、なんて!』文字起こし

生物学博士いいなのぶっちゃけていいっすか?」ブログ
http://iina-kobe.com/entry89/

✽西畠清順は「世界一のクリスマスツリー」「奇跡の木」として「移植」した樹木が日本中で普通に売買されてる「一般的な木」であると告解!

「実際、樹齢150年、300年の樹木は毎日のように売買されてますし」、「富山県だけで年間1万本近く出荷しています」

「日本全体ではその100倍くらい。その中の1本がここに立ってるわけです」

✽夜郎自大でパラノイアな発言

こちらをクリックすると✽夜郎自大でパラノイアな発言が読めます。

西畠清順「このプロジェクトっていうのは新聞で80回くらいニュースになり、テレビでも生放送され、今までの植物のイベントと比べて桁違いの露出の量で、テレビでニコニコってしてたら、大丈夫なのかあいつって見られた」

「6年間、名前を公表して仕事をしてから、街づくり、商業施設の緑化、緑化事業のコンサルティング、イベントの植物の演出、行政機関と企業の仕事が多いですけど、300プロジェクトくらいやらせてもらって、299プロジェクトは大成功をおさめてます。あとの1つにたいした意味はないんですけど」

✽驚天動地で三百代言な発言

こちらをクリックすると✽驚天動地で三百代言な発言が読めます。

糸井重里「さっき聞いたのは、なんだったらこの木を買おうか、っていう人がいるんだって? 生木のままで立てることが出来るんだったら、みんながそうした方がいいと思うんだったら、そうしないと納得しない人がいるんだったら、俺が買おうかって人がいるんだって?」

西畠清順「います。複数います」

糸井重里「ここから運ぶのも大変だけど、その費用も持つ、っていう人がいるらしいんだけど、それは嫌だって(西畠は)言ったんだって?」

「もともとこれ(世界一のクリスマスツリー)は植え替えた時に確率として5割生きるチャンスはないってものなんだって? 今年一杯、青々としているためには今の根っこは必要なんだ。でもそれ以上、生き続けるには、そんなもんじゃダメなんだって?」

西畠清順「この木を買い取ろうかって言って下さる方が複数名います。2億、3億のお金が掛かることをご存知な上で、それでも清順君が困ってるなら買い取ろうかって言うてくれるわけですよ。最悪、枯れてもいいよと。生きる確率が1割でも2割でも残るなら買い取るよ、って言ってくれてる」

「僕が、ハイ、って言ったら一言で借金返せるんですよ。今回3億借金しましたけど、そうした方が楽ですよ。それで話も収まるし。でも違いますと丁寧に言いました」

「この木は頂くことをテーマにしている。それの方がメッセージが伝わる。人間の業(ぎょう)や業(ごう)というのはそれだから。切り身の状態の魚を平気で食べてるけど、魚に刃入れる時はかわいそう」

✽冷酷無比で傲岸不遜な発言

こちらをクリックすると✽冷酷無比で傲岸不遜な発言が読めます。

「僕は別に何様になったつもりでもなくて、ごく当たり前のことをプレゼンテーションしたいだけです。格好つけて言いますけど、楽な方を取らなかったんです。買ってもらってたら、いい人に多分なれます。また仕事も増えます。でも、しんどいですけど、(この木は26日の会期終了と共に)あえて切る」

「(ニューヨークの)ロックフェラーセンターの(世界一高いクリスマスツリー)みたいにブスッと切って、(期間後には)芯材だけ使って(残りは)捨てるのではなくて、全部使いたいんです。みんなで使い方を考えるのが一番面白いと思ったし、見てもらった方が、みんな真剣に考えるやろと」

「だから、あえて根っこつけておいたら、植えた方がいいんじゃないの。いや、植えても育たないだろう、あんな根っこじゃ小さすぎて育たないよ。針葉樹だからもしかしたらとか、みんな考えるわけですよ。それが狙いだった。だから根はつけておいた」

「1年前からちゃんと“根回し”して準備してた。全部脚本を書いてた」

「材木になる前に1回、クリスマスツリーで有り得ないくらい眩しく輝いて、色んなことを伝えて、その後に何科に変わっていく。それも1個の用途でなくていいんです」

「たまたま生田神社さんの鳥居になるっていう話が、かれこれ5ヶ月くらい前からありました。それも一部で10分の1も使いません。あと何に使うかは、みんなで考える方がいいんじゃないかって」

「(12月4日の)点灯式で一般の方から言われたのは、私たち一般の人が手に届くような素朴な普通のものにしてほしいですって。何ていいことを言うんだろうって思って、やっぱり記念品にしたいなって思ったりとか」

✽上から目線で自己陶酔な発言

こちらをクリックすると✽上から目線で自己陶酔な発言が読めます。

糸井重里「彼をず~っと見てきて多少なりとも知ってるんで、なんか(批判されて)あった時に、バカヤロー、植物についてどれだけコイツは格闘してきてると思ってんだ! 本気度が違うんだから、って思った。僕なんかにもついでに、どっかから金もってきたとか、ずっと言われ続けてる」

西畠清順「一部ネットでね」

糸井重里「いいよ、相手にしなくて。わさわさしてる時に、昔書いた文章引用されてガチャガチャしましたけど。本当にみんなが直感的に判ってくれたことと、地面の下にある根っこが重なったって思いがあって、本当に良かったなあって思うんですよね。清順君が初めて自前でやろうと思ったことが、恐らく失敗するわけですね、経済的に」

西畠清順「ハハハ。元々、経済的に成功するとは思ってないです」

糸井重里「成功しても良かったと思うよ。3億借金してもさ、30億儲かったら、それはそれでいいと思うんですよ。紀伊国屋文左衛門がミカン運んだのと同じだからさ。儲かったっていいじゃない、別に」

西畠清順「木こりさん、大工さん、家具屋さん、植木屋さん、みんな木を切って儲からなければならない」

「木をあんな風に伝えて、こういう風にしたら、経済的にも凄く潤った人がいるんだって事例は、僕だって作りたい。それに対して、善も悪もない」

糸井重里「是非、儲けて欲しい」

糸井重里が西畠清順に初めて会った2012年5月11日「ほぼ日刊イトイ新聞」全6回

プラントハンターの清順さんといっしょに、なにができるかな? さっそく、はじめてみます。

https://www.1101.com/beginning/sora/2012-05-11.html

11月30日放送のTOKYO MX「モーニングCROSS」で
「そんなになりたい世界一!? 神戸クリスマスツリーの闇」と題して
「オピニオンCROSS」をお届けした際のフリップ

所詮はチンケな愉快犯だった!

上記のツイート@2017年11月20日https://twitter.com/mipoko611/status/932364722074042368

西畠清順 そら植物園HP  http://from-sora.com/

来場者数「140万人突破」PROJECT  HP http://soratree.jp/

ほ~ら、初冬に神戸に~ 見に見に 見に来て~ねⒸ糸井重里

上段のツイート@2017年11月17日
https://twitter.com/itoi_shigesato/status/931340278119591936

下段のツイート@2017年11月15日
https://twitter.com/1101complus/status/930701864433344512

プロジェクトへの批判に対して糸井重里は!

上記のツイート@2017年11月16日
https://twitter.com/itoi_shigesato/status/930849301994995712

白紙撤回された「継ぐ木」バングル

上記の企画を「白紙撤回」した際の(株)フェリシモの告知

「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」へのフェリシモの関わりかたについて
https://contents-fs.multilingualcart.com/contents/lp/?cid1=65901&cid2=65902

関連して11月30日に西畠清順がアップした「あすなろの木について寄せられるご意見等について~清順より大切なメッセージ~」
http://soratree.jp/message.html

糸井重里&「ほぼ日刊イトイ新聞」の香ばしいツイートPart1

 https://twitter.com/itoi_shigesato/status/930849301994995712

https://twitter.com/1101complus/status/935707283991998466

https://twitter.com/itoi_shigesato/status/939836523637174273

c.f. 魚拓 https://archive.fo/jxn0m
pity party https://twitter.com/hironobutnk/status/939837028568522752

神戸「世界一のツリー」騒動で糸井重里「炎上」 「批判者を批判?」ツイート連発に「幻滅した」https://www.j-cast.com/2017/12/15316758.html?p=all

糸井重里&「ほぼ日刊イトイ新聞」の香ばしいツイートPart2

https://twitter.com/1101complus/status/947256102911176704

https://twitter.com/1101complus/status/950538032234598400

https://twitter.com/1101complus/status/949485123925295104

https://twitter.com/1101complus/status/949902042599849984

西畠清順 インスタグラムで「悪口」と「嘘」 12月17日

「ネット上でたくさんの嘘を並べられて、、それが一部で信じてしまうひとがいて辛い時期もあった。」(句点は表記の儘w)

「昭和13年に起きた氷見の大火事と場所が違うから「山火事に耐えた縁起のよい木」とは美談にするための作り話と言われたのも、昭和62年11月29日に実際に現地で火事があったことを知らないひとが、ネットで勝手に言い出しただけ」

https://www.instagram.com/p/BczXZSQlt4n/?hl=ja&taken-by=seijun_nishihata

更なる西畠清順「語録」w

「ツリーを見るのが嫌な人は見なければいい」12月1日付「神戸新聞」

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010779156.shtml

神戸の「巨大ツリー」解体 生木から木材へ 動画&記事 「神戸新聞」

「主催側は当初「未定」としていた」にも拘らず、期間終了日の12月26日深夜に、「世界一のクリスマスツリー」を伐採開始。

「26日に閉幕した巨大ツリーの観覧イベント。催事後の「使途」が話題となったが、同日深夜から撤去作業が始まり、枝や幹などが切り落とされ、一夜にして“生木”から“材木”へと姿を変えた」。

「“材木”となったアスナロの明日はどうなるのか」と「神戸新聞」は伐採作業の一部始終を動画付きで報じている。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010852318.shtml

「東京新聞」「こちら特報部」「世界一のツリー」虚飾が“炎上”招く

「ツリーの後「木材にして一部を鳥居にする」という利用方法への(氷見市一刎地区の住民の)思いはさまざまだった」。「町内会長の池田六義さん(六八)は」「「生きたまま運んだのだから移植してほしかった」と残念がる。近所の外山京信さん(八二)は「十月にお寺であった報恩講で、西畠さんが「木を切って製品にする」と話していた。けど、すぐには切らないと思っていた。二年でも三年でもいいから残して、氷見の木を見てもらいたかった」

2017年12月24日付「東京新聞」「こちら特報部」
「世界一のツリー」虚飾が“炎上”招く
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/KOBETree_tokyonews_1.pdf

2017年12月24日付「東京新聞」「こちら特報部」
盛りすぎ企画 見抜かれた
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/KOBETree_tokyonews_2.pdf

今回のイヴェントが「フェイクそのもの」だったのは、以下の秀逸なブログ「生物学博士いいなの ぶっちゃけていいっすか?」でも明らかです

必読:生物学博士いいなの ぶっちゃけていいっすか?

世界一のクリスマスツリーの時系列年表
http://iina-kobe.com/entry88/

12月15日以降の時系列年表
http://iina-kobe.com/entry94/

糸井重里☓西畠清順 対談文字起こし
http://iina-kobe.com/entry89/

世界一のクリスマスツリーPROJECTについていろいろ聞いてきた
http://iina-kobe.com/entry86/

世界一のクリスマスツリーがヤバい
http://iina-kobe.com/entry85/

ヤバい神戸市の取り組み
http://iina-kobe.com/entry78/

史上最大の巨木輸送による世界一のクリスマスツリープロジェクトに完全密着!! MBS「情熱大陸」文字起こし
http://iina-kobe.com/entry93/

(「情熱大陸」に関しては、後段でも特集しています)

「世界一のクリスマスツリー、主催者側の主張と信憑性まとめ」 黒翼猫の日記

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1959705.html
世界一のクリスマスツリー、樹齢150年は嘘で樹齢300年の天然記念物暮らすの可能性?⇒太さ自体が嘘でした

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1959239.html
「樹齢150年の嘘」は「いいなブログ」も言及しています。

http://iina-kobe.com/entry85/
(5.1 樹齢150年の嘘 をクリック)

プラントハンター、最後の最後で、世界一のクリスマスツリーが壮大な詐欺だったことがばれてしまう
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1960925.html

「樹齢150年の富山の大木が神戸で…」北原みのり

https://dot.asahi.com/wa/2017112900013.html?page=1

炎上“クリスマスツリー”特集した「情熱大陸」 カトリーヌあやこ

https://dot.asahi.com/wa/2017122600016.html?page=1

ちょっと違和感:クリスマスツリーの世界一争い 貴重な命の無駄遣い 松尾貴史

https://twitter.com/kitsch_matsuo/status/934682839739596800
(ツイッターから入ると無料で全文が読めます)

神戸「世界一のクリスマスツリー」について個人的に思うこと 有川浩

https://ameblo.jp/arikawahiro0609/entry-12336781681.html
https://ameblo.jp/arikawahiro0609/entry-12338535819.html

糸井重里が推した『世界一のクリスマスツリー』を巡る顛末 やまもといちろう

http://dailynewsonline.jp/article/1385440/

ほぼ全部ステルスマーケティングの糸井重里『ほぼ日刊イトイ新聞』の憂鬱 山本一郎

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20161205-00065171/

「ツリーを見るのが嫌な人は見なければいいⒸ西畠清順」を引き出した「神戸新聞」一連の報道

神戸港巨大ツリー 催事後伐採「生田神社鳥居に」
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010779156.shtml

神戸の「巨大ツリー」解体 生木から木材へ 動画&記事
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010852318.shtml

来場者の願い事飾り 神戸「巨大ツリー」から脱落続々
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/sp/0010799359.shtml

神戸港巨大ツリー 落下したオーナメント再交付へ
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010804063.shtml

伐採するの?「世界一のツリー」催し後の行方巡りネット騒然 
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010756280.shtml

フェリシモ&CCC蔦屋書店が「世界一のクリスマスツリー」に肩入れしたワケ

神戸港の新複合施設 目玉は円筒型水槽の水族館
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201710/0010679518.shtml

神戸港にツインタワーと円筒型水族館 新港突堤西地区再開発
http://civillifelab.com/news/2194/

2017年10月26日に新港突堤西地区再開発の「優先交渉権者」が住友不動産(株)を代表とする(株)SMBC信託銀行、(株)フェリシモ、(株)モトーレン阪神(GLIONグループ)、関電不動産開発(株)5社連合に決定。

文化施設棟の開発事業者はSMBC信託銀行。再開発の目玉施設は日本初の360度水槽を配した「大人向けアクアリウム」。屋上には何やら植物が生い茂ってとても斬新w

究極のエゴは大衆も満足させる 「アートで世界一」を目指すワケ

カルチュア・コンビニエンス・クラブCEO増田宗昭
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/111600087/111600006/?P=2

めざせ! 世界一大きなクリスマスツリープロジェクト」会場公式BGM CD 梅田 蔦屋書店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/umd-tsutayabooks/oumomzcd1362b.html

西畠清順×花士珠寳『目に見えないもの「土地と植物」』 梅田 蔦屋書店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/umd-tsutayabooks/even2018012814001700b.html

植物園のようなレストラン メリケンパークに開店
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201702/0009921561.shtml

Vol.205『盗っ人猛々しい蔦屋書店(怒)w 疑いだらけのカルチュア・コンビニエンス・クラブ!』

「意識高い系」な「供給側=サプライサイド」の鈍感力な「形式知」よりも、
嘗て「厠の落書き」と冷笑された「需要側=ディマンドサイド」の「勘性」の「集合知」の方が遙かに物事の本質を透視していた!
畏友・浅田彰との四半世紀を超える流浪の連載「憂国呆談」@「ソトコト」2017年2月号

四半世紀に及ぶ流浪の連載!畏友・浅田彰氏との「憂国呆談」season2 volume91@『ソトコト』2月号。

http://tanakayasuo.me/archives/21888

http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/01/934664726eb680bf1130b720dfbcccba.pdf

「集合知」としてのSNS

#世界一のクリスマスツリー
https://twitter.com/search?q=%EF%BC%83%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC&src=typd

世界一のクリスマスツリー @bekobe150
https://twitter.com/bekobe150/with_replies

いいな@iina_kobe
https://twitter.com/iina_kobe/with_replies

阪神・淡路大震災の被災者から「ほぼ日」へのメッセージ、再び。https://twitter.com/i/moments/935789732071579648

能町みね子 @nmcmnc
https://twitter.com/nmcmnc/status/933914574381662208
https://twitter.com/nmcmnc/status/933863972981260288

奈良美智 yoshitomo nara‏ @michinara3
https://twitter.com/search?l=&q=%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC%20from%3Amichinara3%20since%3A2017-11-16%20until%3A2018-01-17&src=typd&lang=ja

松尾貴史 @Kitsch_Matsuo
https://twitter.com/search?l=&q=%E7%A5%9E%E6%88%B8%20from%3AKitsch_Matsuo%20since%3A2017-11-15%20until%3A2018-01-17&src=typd&lang=ja

氷見のヒバ(ヒノキアスナロ)に関して、神戸市に対して行われた公文書公開請求の結果、公園使用料の部分の免除(3000万円→0円)が明らかになったもよう

https://togetter.com/li/1189120

世界一のクリスマスツリー 来場者のピーク人口密度は祝日のUSJの約1.5倍だったことが判明!
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1961670.html

神戸市「世界一のクリスマスツリー」で損なわれた「ほぼ日」のブランド価値
http://scotchhayama.hatenablog.com/entry/2017/11/21/221455

くろやす‏ @kuroyasu17 2018年1月17日 18:41

https://twitter.com/kuroyasu17/status/953562912462749696

まとめサイト

糸井重里の「冷笑的な人たち」批判 まとめ
https://togetter.com/li/1175257

糸井重里「がんばれ、『あら探されてる』やつら。」まとめ
https://togetter.com/li/1176552

プラントハンター・西畠清順「ツリーを見るのが嫌な人は見なければいい」まとめ
https://togetter.com/li/1177028

世界一のクリスマスツリーについて脊髄反射で批判しない人々https://togetter.com/li/1174358

おまけサイト

「世間には謝らない、嫌な人は見なければいい」世界一のクリスマスツリーProjectがさらなる燃料投下 Buzzap!
http://buzzap.jp/news/20171201-xmas-tree-kobe2/

神戸市の樹齢150年のあすなろを使った「世界一のクリスマスツリーProject」が醜悪すぎると話題に Buzzap!
http://buzzap.jp/news/20171120-xmas-tree-kobe/

★プロパガンダサイト(propaganda site)

神戸の「世界一Xマスツリー」物議「かわいそう」「金のにおいしかしない」「エゴだ」・・・批判殺到で炎上、思わぬ逆風 産経新聞 12月20日

http://www.sankei.com/west/news/171220/wst1712200052-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/171220/wst1712200052-n2.html

巨木を運ぶことは人間のエゴなのか――プラントハンターが「世界一のクリスマスツリー」輸送プロジェクトにかける想い 「キャリコネ」 11月15日
https://news.careerconnection.jp/?p=43396

プロジェクトのために3億円借金「10万枚売れても億単位の赤字」
なおプロジェクトが終わったあとのツリーについて「使い道は非公表」としているが、「うっかり言っちゃうと、記念品にしようと思っています」とも語っていた。
樹齢150年の木を引っこ抜いてXマスツリーにするのは「かわいそう」? 日本林業協会「大きく育つ前に切る方がかわいそう」 「キャリコネ」11月28日
https://news.careerconnection.jp/?p=43935

日本林業協会事務局長 篠原宏

「樹齢1500年の木やご神木を加工する、というのであれば『どうなの?』とは思う」
「樹齢150年のあすなろの木が伐採され、商品として加工されるのは普通」
「天然の木は100年で1メートル程度しか伸びず、大きくなるのに200~300年かかります。でも植林した木はすぐ伸びるので、150年で30メートルになります」
http://www.j-forestry.or.jp/

フェリッシモあすなろメモリアルバングル
https://contents-fs.multilingualcart.com/oliveilove/lp/tree/

海を超え、山を超え、31メートルの大きな木がやって来た! 世界一のクリスマスツリーの植樹祭。
を神戸からテキスト中継! ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/pl/171114christmas/?dt=20171115110000&ob&n=4

あすなろの木について寄せられるご意見等について
~清順より大切なメッセージ~www そら植物園
http://www.soratree.jp/message.html

そら植物園
http://soratree.jp/

プロパガンダサイトへのアンサーソング

世界一のクリスマスツリーPROJECTの炎上から1ヶ月経つのに、産経の偏向報道が酷いので修正した 黒翼猫の日記

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1960540.html

世界一のクリスマスツリー 来場者のピーク人口密度は祝日のUSJの約1.5倍だったことが判明! 黒翼猫の日記

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1961670.html

「生物学博士いいなの ぶっちゃけていいっすか?」ブログ
http://iina-kobe.com/

世界一のクリスマスツリー @bekobe150
https://twitter.com/bekobe150/with_replies

いいな@iina_kobe
https://twitter.com/iina_kobe/with_replies

 

究極のプロパガンダサイト「情熱大陸」

毎日放送MBS制作「情熱大陸」12月17日オンエア
番組20周年記念1時間SP予告

http://www.mbs.jp/jounetsu/2017/12_17.shtml

番組20周年記念1時間SP予告動画YouTube
https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=s0XWXPCdcDk

MBSの判断(涙)で現在は再生不能です。

オンエア前の告知文

密着したのは、世界各国を巡って貴重な植物を採集するプラントハンターの西畠清順。
富山県の山奥に生えいていた1本のあすなろの巨木を探し出し、
陸海の超大規模輸送を経て神戸・メリケンパークに世界一のクリスマスツリーを立てるプロジェクトを追った。

註:毎日放送の表記マニュアルでは、「生えていた➡生えいていた」のようです。

番組ツイート @jounetsu

https://twitter.com/jounetsu/status/939864802293420032

番組へのご意見は現在も受付中(汗)
http://www.mbs.jp/kouhou/#enq

葉加瀬太郎、「情熱大陸」が有名になって起きた「困ったこと」「AERA」
https://dot.asahi.com/aera/2017121300050.html?page=4

葉加瀬太郎「情熱大陸」新バージョン生演奏 17日に神戸からライブ中継「デイリースポーツ」
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/01/0010779027.shtml

「情熱大陸」敏腕プロデューサーが“卒業” 17日が集大成
https://www.daily.co.jp/society/life/2017/12/11/0010807015.shtml

福岡元啓P
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%85%83%E5%95%93

ほんの少しだけ冷静に「情熱大陸」の予習・復習

プラントハンター・西畠清順出演 「情熱大陸 番組20年記念1時間スペシャル!」 放送前に、現在までに判明している矛盾点等のおさらい
https://twitter.com/i/moments/942228819284340736

Very Extremely Dangerous おまけサイト(爆)

田中康夫YouTube公式チャンネル「だから、いわんこっちゃいない!」

公開の古い順番に

vol.153『くたばれ糸井重里! 踏ん張れ神戸新聞! 「変態よゐこ」のお前は全共闘崩れのアイヒマンかよ!』
11月24日公開

vol.159『「意識高い系」糸井重里&ほぼ日刊イトイ新聞が 「プラントハンター」西畠清順と一芝居! 世界一のクリスマスツリー@神戸Part1 お復習い篇』
12月1日公開

vol.160『「意識高い系」糸井重里&ほぼ日刊イトイ新聞が 「プラントハンター」西畠清順と一芝居! 世界一のクリスマスツリー@神戸Part2 三百代言なウソ八百篇』
12月2日公開

vol.161『「意識高い系」糸井重里&ほぼ日刊イトイ新聞が 「プラントハンター」西畠清順と一芝居! 世界一のクリスマスツリー@神戸Part3 三十六計逃げるに如かず篇』
12月3日公開

vol.168『所詮はチンケな愉快犯だった糸井&西畠コンビ。KOBEクリスマスツリー狂騒曲まとめサイト!』
12月11日公開

Vol.183『これぞニッポンの劣化!?Part1 X‘masツリー弁護士「スラップ」もどきの香ばしい文章作法w』
1月5日公開

Vol.184『これぞニッポンの劣化!?Part2 自称「プラハン」から学ぶ「喧嘩の仕方」w』
1月6日公開

Vol.192 『やっぱり「奇跡の木」は大ウソだった(爆)炎上し続けるwKOBEクリスマスツリーその後!』
1月17日公開

取り敢えずの「おしまい」
To Be Continued (爆笑)

「賀川豊彦 その現代的可能性を求めて」 季刊『a t』15号(2009年4月)で、 港町の光と影を語った『「KOBE」、その引力と斥力』と題するインタヴューのPDFはこちらです。
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2017/12/bs_asahi_fixed.pdf

BS朝日「昭和偉人伝 21世紀をデザインした男 賀川豊彦」(2016年11月30日)でもインタヴューを受けています。
http://tanakayasuo.me/archives/20015
文字起こし&関連記事は
http://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2016/12/01/031542