18/7月号 田中康夫の新ニッポン論60「朝鮮半島改造論」◆月刊VERDAD-ベルダ

18/7月号 田中康夫の新ニッポン論60 「朝鮮半島改造論」

PDFはこちら>>>PDF
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/07/fe13898e02e823d8b66e21c21630ad01.pdf

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

「ベルリンの壁」崩壊から来年で30年。第54代アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプと第3代朝鮮民主主義人民共和国最高指導者・金正恩(キム・ジョンウン)。アルゴリズムな「意識高い系(インテリゲンチャ)」からは「独裁者」と断じられる両人は、豈図(あにはか)らんや、21世紀の「ペレストロイカ」を敢行中です。

赤い貴族=ノーメンクラトゥーラと呼ばれた旧ソビエト社会主義共和国連邦のエリート層や支配層。ソ連邦最後の指導者だったミハイル・ゴルバチョフは、汚職と腐敗に塗れた体制を刷新すべく「ペレストロイカ」を行います。ロシア語でペレは再び、ストロイカは構築。その流れは冷戦という「イデオロギー」対立を溶解させ、富める者が富めば、貧しき物にも富は浸透すると唱えたレーガノミクス=トリクルダウン理論の新自由主義を産み出しました。が、爾来(じらい)30年。株主資本主義という妖怪は、自動温度調節装置(サーモスタット)に制度疲労を来し、分断化社会へと変容。

一つひとつはトリッキーなディールに思えるドナルド・メソッドも全体を俯瞰してみたなら、巨大な製薬会社・金融機関・軍需産業の意を汲むロビイスト達が巣くうワシントンの既得権益を溶解していく営為。であればこそ、本音・建前を巧みに使い分けてきた「意識高い系(きとくけんえき)」に属する表現者(メディア)は危機感を感じ、反発するのです。

ラストベルトの労働者に留まらず、延(ひ)いてはバーニー・サンダースでなくヒラリー・クリントンなテイストを漂わせる民主党を現在も支持する「失われた中産階級」にも新たなチャンスを齎(もたら)すかも知れぬ彼は、自分と同じ匂い(ケミストリー)を“3代目”にも嗅ぎ取り、シンガポール首脳会談に臨みました。

極秘訪朝したマイク・ポンペオ中央情報局長官が国務長官に就任する直前の4月20日に、経済建設&核開発「並進路線」の終了を朝鮮労働党中央委員会総会で決定。5月17日には同党中央軍事委員会拡大会議で、軍総政治局長・参謀総長・人民武力相の朝鮮人民軍3要職を、僅か1ヶ月で若返り再交代させています。然(さ)しもの習近平国家主席も人民解放軍の掌握に時間を要したように、洋の東西を問わず、軍部は人員も予算も既得権益の最たる存在。況(いわ)んや人口2500万人にも拘らず中国・米国・インドに次いで世界4位の兵力を擁する北朝鮮に於いてをや。その構造大転換を図る“3代目”です。

中国の6倍もの埋蔵量のレアアース、軍需産業に必須なタングステンとウランも世界の半分が眠る北朝鮮の地下資源開発への投資を企む鉱山企業の御曹司を通じて、娘イヴァンカの夫ジャレド・クシュナー上級顧問が北朝鮮側と接触したのも6・12会談実現の切っ掛け。フィナンシャル・タイムズ、ニューヨーク・タイムズ両紙のスクープです。

「やっぱ、止め~た」とドナルドが牽制(フェイント)した5月24日、3代目が滞在していたのは万景峰(まんぎょんぼん)号の母港でもある日本海側の元山(ウォンサン)市。五輪直前の今年1月に南北合同練習が行われた馬息嶺(マシンニョン)スキー場も現在ゴルフ場も含めて開発中の葛麻(カルマ)海岸リゾートも同市に位置します。「明るい北朝鮮」と呼ばれる李一族の開発独裁国家シンガポール滞在中、ドナルドの盟友でラスベガス・サンズ会長シェルドン・アデルソンが保有するマリーナベイ・サンズへと“カジノ視察”に赴いたのも宜(むべ)なる哉(かな)。

而(しか)して朝鮮語に加えて英独仏露語を解する3代目は、地下資源外交をテコに観光立国として、更には中ロ韓と国境を接する地政学的観点からも敢えて南北統一を急がず、留学先のスイスと同じく東アジアの永世中立国的緩衝帯(バッファー)な存在として主導権を発揮する「小春日和のスイス」こそドナルドにとっても中ロ韓にとっても好都合、と踏んでいるのでは。地球儀「傍観」外交ニッポンの試練です。

・連載バックナンバー>>>こちら
・VERDAD HP>>>こちら

月刊「VERDAD」についてのご紹介は>>>こちら

 

朝鮮半島まとめサイト http://tanakayasuo.me/koreanpen

「だから、言わんこっちゃない!」の朝鮮半島関連計9本(Vol.345・344・335・334・333・331・330・323・320・.319)動画もご覧頂けます。

参考資料

「憂国呆談」「ソトコト」2018年8月号「米朝首脳会談から、日本の対北朝鮮外交、サッカーワールドカップ、安倍政権の行方まで。」

18/8月号 憂国呆談 season2 volume97◆ソトコト

「バーゼル委員会」 http://tanakayasuo.me/archives/14237

PDF http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2015/04/21c79530ae6377f7032593ffa1215475.pdf

TEXT http://tanakayasuo.me/reference/verdad/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%BA%B7%E5%A4%AB%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E8%AB%96-%E3%89%94%E3%80%8C%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%80%8D
(スイスのバーゼルの地政学的「特殊性」を解説しています)

ローザンヌ等のスイスの「特殊性」を語った浅田彰氏との「憂国呆談」2015年6月号
http://tanakayasuo.me/archives/14369

「危機管理」
http://tanakayasuo.me/archives/20564

「資源大国・北朝鮮」
http://tanakayasuo.me/archives/20424

「モーニングCROSS」「おはよう一直線」「にっぽんサイコー!」etc.テレビ・ラジオ「朝鮮半島」関連文字起こし検索一覧https://nippon2014be.hatenadiary.jp/search?q=%E6%9C%9D%E9%AE%AE