「実は『脱ダム』へ転向していた国交省」まとめサイト

202076日、「あらゆる関係者により流域全体で行う『流域治水』への転換」を掲げ、「総力戦で挑む防災・減災プロジェクト」を発表した国土交通省:Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism
87のプロジェクト施策一覧に、「ダム建設」「スーパー堤防」の文言は見当たりません。
~ただ単にやめれば良いのでなく、新しい治水のあり方を示す~「脱ダム政策の哲学と実践」 https://tanakayasuo.me/dam
間違いだらけの日本の治水・治山まとめサイト https://tanakayasuo.me/forest
水害は『脱ダム』のせいなのか!?田中康夫の実践的『治水・治山』原論 https://tanakayasuo.me/river
に続く「まとめサイト」第4

「VERDAD」連載「田中康夫の新ニッポン論」Vol.85『国交省の「転向」』

PDF>>>PDF

https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2020/08/44a3474018913da1a6be4cde0b107f7b.pdf

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

国土交通省は7月6日、「あらゆる関係者により流域全体で行う『流域治水』への転換」を掲げ、「総力戦で挑む防災・減災プロジェクト」を発表しました。計87のプロジェクト施策一覧に「ダム建設」「スーパー堤防」の文言は見当たりません。

「河川の持つ多様な自然環境や水辺空間に対する国民の要請の高まりに応える為、 河川管理の自的として「治水」「利水(りすい)」に加え「河川環境」(水質、景観、生態系等)の整備と保全を位置付け」た平成9年河川法改正から紆余曲折(うよきょくせつ)23年、「造るから直す・護る、そして創る。」へと“原点回帰”ベクトルの証左(しょうさ)となるや否や?

全て河道(かどう)内に封じ込め、可及的(かきゅうてき)速やかに海へと水を流し込む「河道主義治水」。その象徴が、コンクリートで河道を固めた「用水路」に留まらず、天端(てんば)と呼ばれるダムや堤防の上部、法面(のりめん)と呼ばれる護岸も全て混凝土(コンクリート)で塗り固めた「三面張り」。が、効率一辺倒では「治水」は対処し得ぬと悟った旧建設省内の「地動説」派が、レイチェル・カーソン『沈黙の春』を想起させる「河川環境」を“隠れ蓑”に方針転換を打ち出したのでした。4年後の2001年2月20日に発した『「脱ダム」宣言』は、初めて告解(こっかい)しますが「改正河川法」の理念をなぞった俄「門前の小僧」です。

「数百億円を投じて建設されるコンクリートのダムは看過(かんか)し得ぬ負荷を地球環境へと与えてしまう。更には何れ造り替えねばならず、その間に夥(おびただ)しい分量の堆砂(たいさ)を、此又(これまた)、数十億円を用いて処理する事態も生じる」「縦(よ)しんば、河川改修費用がダム建設より多額になろうとも、100年、200年先の我々の子孫に残す資産としての河川・湖沼の価値を重視したい。長期的な視点に立てば、日本の背骨に位置し、数多(あまた)の水源を擁する長野県に於いては出来得る限り、コンクリートのダムを造るべきではない」。

創造的葛藤(クリエイティヴ・コンフリクト)の「脱ダム」思想を、弁証法とは真逆(まぎゃく)の原理主義だと未だに断じ(ディス)る「ダム万歳(マンセー)論者」は痛い「天動説」派。何故って、計画発表から67年後の昨秋、総事業費5320億円で利根川支流の吾妻(あがつま)川で試験湛水(たんすい)に漕ぎ着けた八ツ場ダムが利根川水系全体水量の1%を役割分担するに過ぎぬ「不都合な真実」を理解し得ぬのですから。

我々が手足の爪を切るように河道の堆砂を、1㎡当たり1万円強で地元業者が重機を用いて担当可能な浚渫(しゅんせつ)を小忠実(こまめ)に実施。日本特有の「土堤原則」の美名の下に内部が液状化して越水(えっすい)・破堤(はてい)を齎(もたら)す護岸補強の鋼矢板工法。フィンランドに次ぐ国土の68・2%を占める上流域の森林整備。

知事就任時、本体工事は未着工なのに総事業費の半分以上が冬季五輪ボブスレー・リュージュ会場へのループ橋と隧道(トンネル)建設に「転用」されていたダム予算。善光寺地震(江戸後期・弘化4年1847年 死者8千人)震央に近接する活断層真上の浅川ダム計画。国管理の千曲川の河川改修の遅延(サボタージュ)が理由で「ダムを造っても合流部一体の内水氾濫(ないすいはんらん)は防げない」と県議会で答弁した国交省から出向の土木部長が僕を「覚醒」させます。

天井川状態で信越本線の真上を流れていた浅川3km区間を県費で最大11m河道掘削した後、名は体を表す千曲川「立ヶ花(たてがはな)」狭窄部(きょうさくぶ)での“糞(クソ)詰まり”を解消すべく導水路、遊水地、一旦緩急の際は調整池として用いる田んぼやリンゴ畑の事前契約を提案するも国交省は尽く拒絶。

が、驚く勿れ(おどろくなかれ)、部下の土木部員と共に提案した数々の施策が今回の87プロジェクトに記載されているではありませんか!

今回の球磨(くま)川氾濫も、人吉市地籍の狭窄部が原因。球磨川水系の支流・川辺川に計画されていた川辺川ダムが存在したとしても回避不可能だったのです。心ある国交省官僚よ、隗(かい)より始めよ。

7月27日「モーニングCROSS」でも『「脱ダム」に「転向」した国交省の「敗北」』と題して解説しました。
記事「国交省、脱ダム化し流域治水へ方針転換」
https://s.mxtv.jp/tokyomxplus/mx/article/202008040650/detail/

治水・治山に関するこれまでの論考
水害は『脱ダム』のせいなのか!?田中康夫の実践的『治水・治山』原論
「サンデー毎日」2019年11月17日号
https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2019/11/2483bc3c1af4c33cdd7ef6aba9fddfdc.pdf
https://tanakayasuo.me/river

間違いだらけな日本の治水と台風19号ハギビスに関して論じた浅田彰氏との「憂国呆談」「ソトコト」2020年1月号
https://sotokoto-online.jp/767
https://tanakayasuo.me/archives/26063

台風15号ファクサイに関して論じた浅田彰氏との「憂国呆談」「ソトコト」201912月号
https://sotokoto-online.jp/662
https://tanakayasuo.me/archives/25964

西日本豪雨被害と記録的猛暑に関して論じた浅田彰氏との「憂国呆談」「ソトコト」2018年9月号 https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2018/08/sk1809_____.pdf  https://tanakayasuo.me/archives/23304

https://twitter.com/wooloomap/status/1289145111167696896 先日、MXモーニングクロスで田中康夫ちゃんが 「日本の砂防ダムは溜まった砂を取り出さないんだよ。 それじゃ経年で水が溢れるに決まってる!」 と日本の治水政策に憤懣やる方ない様子でした。 造りっ放しの公共事業に翻弄されるのは地元の方と自然ばかり

「砂防ダム」 「VERDAD」「田中康夫の新ニッポン論」Vol.16 2014年8月号
https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2014/07/ba94495447c2089a30f55e0346f67c39.pdf https://tanakayasuo.me/archives/12232

「間違いだらけの日本の治水・治山」「VERDAD」「田中康夫の新ニッポン論」Vol.50 2017年8月号
https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2017/07/27cb7c766956f952aa0f1cc4b5b8a1ad.pdf
https://tanakayasuo.me/forest

https://twitter.com/loveyassy/status/1283171742572142592
日経らしからぬ「見出しも主語も勘違い」記事 堤防補強の鋼矢板工法も1㎡1万円で可能な浚渫も行わず 洪水浸水想定区域ハザードマップは作成すれど 当該危険地域の開発行為 建築行為を自治体に許可させていたのが監督官庁国土交通省 「脱ダム」宣言の哲学を学び直せよ
自治体の9割、浸水危険地域でも住宅立地 転出に遅れ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61518020U0A710C2MM8000/
全国に潜む「危ない避難所」 27%で浸水・土砂リスク
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62205030S0A800C2MM8000/
「氾濫危険水位」超過は115河川 高まるリスク
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61296530Y0A700C2CC1000/
浸水危険地域、なぜ居住者増える?
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61516200U0A710C2I10000/
内水氾濫、備え進まず 2割強はハザードマップ未公表
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61723530Q0A720C2CC1000/

国交省内「天動説」派の「異見」を代弁する菅義偉官房長官
国管理の本流の河床掘削等の河川改修が滞っているのが原因で本流から支流へと「内水氾濫」「バックウォーター」現象」が千曲川(長野市)、多摩川(川崎市)で昨年、生起した事実を早くも健忘している官房長官

川辺川ダムめぐり、菅義偉官房長官の発言を伝える報道
https://yamba-net.org/52279/

https://yamba-net.org/52304/

官房長官、水害対策でダムの有効性強調 7月20日
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61732900Q0A720C2PP8000/

球磨川のダム建設「課題に」菅義偉官房長官 7月19日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071900163&g=pol

「八ツ場ダム50個」の水害対策 菅官房長官に聞く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62085860Q0A730C2000000/

河川管理見直しに言及 菅氏「地方分権でよかったのか」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62203850S0A800C2PE8000/


他方で産経新聞は「鋼矢板工法」=インプラント工法を手掛ける技研工業を特集
「決壊しない堤防」は可能、インプラント工法の実践を 開発者・北村精男氏に聞く
https://www.sankei.com/premium/news/200727/prm2007270001-n1.html

国土交通省資料一覧
「総力戦で挑む防災・減災プロジェクト」
https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/sosei_point_tk_000034.html
流域治水プロジェクト
https://www.mlit.go.jp/river/kasen/ryuiki_pro/index.html#:~:text=%E6%B2%B3%E5%B7%9D%E3%83%BB%E4%B8%8B%E6%B0%B4%E9%81%93%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%80%85%E7%AD%89,%E5%83%8F%E3%82%92%E3%80%8C%E6%B5%81%E5%9F%9F%E6%B2%BB%E6%B0%B4%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%80%8D
緊急治水対策プロジェクト
https://www.mlit.go.jp/river/kasen/kinkyu_pro/index.html
総力戦で挑む防災・減災プロジェクト全施策87
https://www.mlit.go.jp/river/bousai/bousai-gensaihonbu/2kai/pdf/fuzoku.pdf
防災・減災対策本部
https://www.mlit.go.jp/river/bousai/bousai-gensaihonbu/2kai/index.html


ロングインタヴュー 月刊「都市問題」2009年12月号
「脱ダム政策の哲学と実践」~やめればいいのではなく、新しい治水のあり方を示す~
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/nodams.pdf

講演録「自由民主党 国土強靱化総合調査会」2013年5月24日「しなやかな国土強靭化 ~公益資本主義としての富国裕民~」
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/56b252dcd6798974c9eb9ce7789e6ae72.pdf
ダイジェスト版
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/3487e1788640fe4f33095612b1fc6e89.pdf
関連記事等
http://www.nippon-dream.com/?p=11152

「文藝春秋」2016年1月号「日本を変えた51大事件 平成13年「脱ダム」宣言 巨額公共事業で地元は潤わない」
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/b90708120d9bd21e7b86863a8b31a25a.pdf
http://www.nippon-dream.com/?p=15883

『「脱ダム」宣言』2001年2月20日
http://yassy.system-a.org/keiei/seisakut/model/dam.htm
在任中の宣言一覧
http://yassy.system-a.org/hisyo/governor/declaration.htm

「脱ダム議会」と呼ばれた2001年2月長野県議会に於ける知事提出議案説明全文
http://yassy.system-a.org/hisyo/speech/gikai102.htm
代表質問に対する答弁2001年2月28日
http://yassy.system-a.org/keiei/seisakut/model/dam1.htm
代表質問に対する答弁2001年3月2日
http://yassy.system-a.org/keiei/seisakut/model/dam2.htm
在任中の議案説明一覧
http://yassy.system-a.org/hisyo/speech/tijigian.htm