最新の記事一覧

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2024/5/9

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.122「陸のコンコルド リニア新幹線」

「俺はリニアは乗らない。だって、地下の深いところだから、死骸も出てこねえわな」JR東日本=東日本旅客鉄道の社長、会長を務めた松田昌士氏(1936~2020)の警句です。 既に2014年の当連載Vol.11で、「小学校の授業で習った糸魚川-静岡構造線のフォッサマグナが横切る南アルプスの山頂から1600mも下を通過するリニアは、地下水と活断層の水圧と土圧と高熱に『万が一』の場合も堪え得るのか。遠隔操作の無人運転車両から停電時、乗客を如何に地上まで誘導するのか」と懸念していたYa’ssy。 消費電力は現行新幹線 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2024/3/31

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.121 「小さく産んで大きく育てる」

「知事、公共事業は『小さく産んで大きく育てる』ものです!!」 往時44歳のYa‘ssyに土木部長と農政部長は述べました。 需要の変化や景気の状況に応じ、途中で一旦休止する選択も可能な道路建設と異なり、途中で事業を中止したら投資効果ゼロな「ダム・隧道・橋梁」は、一度走り出したら止まらぬ追加予算3兄弟。 2000年の就任当初に発覚した高原野菜で知られる長野県川上村の、当初予算19億円が68億円に膨れ上がった「ふるさと農道緊急整備事業」橋梁工事。 岐阜県の木曽川水系揖斐川では1957年=昭和32年に計画され、5 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2024/2/3

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.120「治す・護る・創る」

「減災・防災」の要は「維持修繕」 手足の爪を切るのと同じく重機を用いて1㎡1万円で実施可能な河道掘削=浚渫こそ治水の基本 地元土木建設業者が胸を張って従事可能な地域密着型公共事業❣ 前世紀型OS「造る」から「創る」へ 「田中康夫の新ニッポン論」最新稿「治す・護る・創る」 PDF>>PDF 本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます   「意識高い系」な面々が、首都圏の洪水を防いだ「救世主」と称揚する八ツ場(やんば)ダム。利根川支流の吾妻川(あがつまがわ)に位置する同ダムの洪水調節容量は驚 ...

ReadMore

最新記事

2023/12/24

Lotta写真館

「Lottaカレンダー2024」が出来上がりました🐾 あたしトイプードルの田中ロッタ あたしの執事のYa‘ssyパパが今年もカレンダーをダウンロードして皆さんにも共有して頂けるようにしたから ご愛用下さいね💝   Lottaの執事Ya‘ssyからのご挨拶   Lottaカレンダー2024をお届けします   『長くつ下のピッピ』で知られるアストリッド・リンドグレーン女史の作品に登場する“おしゃまな女の子”の名前Lottaを拝借した我が家の娘 トイプードルのロッタも2023年9月 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2024/2/4

VERDAD 「田中康夫の新ニッポン論」 Vol.119 「増税なき財政再建」

PDF>>> PDF 本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます 「緊縮財政VS積極財政」。使い古された惹句(じゃっく)を用いた不毛な甲論乙駁(こうろんおつばく)が続く斜陽国家ニッポン。 然(さ)りとてネガティヴな印象を与える前者を「節約」、ポジティヴな後者を「放漫」と言い換えれば万事解決な筈もなく、然(さ)すれば我々は「増税なき財政再建」の原点に立ち返るべきです。 2000年10月26日、地方自治法に基づく民選知事が53年間で僅か3名だった信州・長野県で県知事に就任した僕は、当 ...

ReadMore

最新記事

2024/2/3

🌳間違いだらけの日本の治水・治山まとめサイト⛲

「サンデー毎日」2019年11月17日号に寄稿しました。 水害は「脱ダム」のせいなのか!? 田中康夫の実践的『治水・治山』原論 PDF➡https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2019/11/2483bc3c1af4c33cdd7ef6aba9fddfdc.pdf 治水・治山のあるべき姿を更に具体的に大幅加筆した原稿もこちらでお読み頂けます ⇒https://tanakayasuo.me/river/ YouTube公式チャンネル「だから、言わんこっちゃない!」 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2024/5/21

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.118「ウルトラ無党派層」

PDF>>>PDF   大幅に加筆した本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます 「世論調査の数値には一喜一憂しない」。記者クラブ加盟メディアが内閣や政党の支持率を報ずる度、判で押したように首相や党首が発する凡庸(ぼんよう)なコメントです。 数値のアップダウンを小数点以下まで記す世論調査の大半の手法はRDD=ランダム・デジット・ダイヤリング。数字を無作為に演算装置(コンピュータ)で組み合わせ、電話を掛けた世帯の対象者から調査相手を等確率で選ぶ方式です。 時事通信社の世論調査は異なります。 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/10/2

「ジャニー喜多川という宿痾」まとめサイト

 『サンデー毎日』渾身(こんしん)の鼎談(ていだん) 近田春夫・松尾潔・田中康夫「ジャニーズ問題と日本の民度」 + 『VERDAD』連載「田中康夫の新ニッポン論」Vol.117 「ジャニー喜多川という宿痾」   畏兄・近田春夫、畏友・松尾潔 両氏との鼎談『ジャニー喜多川「性犯罪」問題と日本社会の「眠度(みんど)」』(『サンデー毎日』10月8日号) PDF>>PDF 「田中康夫の新ニッポン論」Vol.117「ジャニー喜多川という宿痾」(『VERDAD』10月号) PDF>>PDF 3つのデジタル版 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/9/4

「福島第一原発を巡る『安物買いの銭失い』」まとめサイト

矢沢永吉氏が今から11年前に看破した警句「今回の原発関係者全員、誰もケツ拭かない。ケツを拭かない国家に未来があると思いますか❓」を冒頭で再録。 無謀な真珠湾攻撃から70年目の2011年12月8日に「国会事故調」で意見陳述したYa‘ssy原稿も再録の「田中康夫の新ニッポン論」最新稿。 全世界の地震の2割が生起する、地球全体の陸地面積の僅か0・4%に過ぎぬ国土で「問題先送り」を続ける日本の政治に、「責任」の所在を明確化すべく「公益事業省」を創設し、「原発即時国有化」断行を「3・11」直後に提言。 電気事業連合 ...

ReadMore

最新記事

2023/9/1

お待たせしました 『あしやのきゅうしょく』上映会を開催します 

7月9日(日) 県立神奈川近代文学館ホール(港の見える丘公園内) 開場12:30 開演13:00 ゆっくりご鑑賞頂く為に事前予約で参加を受け付けます。下段の応募フォームにご記入下さい。 7月9日(日)午後、港の見える丘公園に位置する神奈川近代文学館で開催する映画『あしやのきゅうしょく』上映会。 兵庫県の芦屋市では、すべての小中学校に、管理栄養士の資格を有する栄養教諭が配属され、それぞれ独自の献立で「自校給食」を提供しています。 アレルギー食材も計11種類、保護者からの申し出に基づき、一人ひとりの児童・生徒 ...

ReadMore

最新記事

2023/8/14

「『脱・記者クラブ』宣言」まとめサイト

NEW 『VERDAD』2021年4月号「田中康夫の新ニッポン論」Vol.93 「誤送船団・記者クラブ」を始めとする新たな論考を以下のまとめサイトでアップしました❣ 「あたおかニッポン記者クラブ」まとめサイト https://tanakayasuo.me/ataokapress 「『脱・記者クラブ』宣言」 「田中康夫の新ニッポン論」Vol.78 PDF>>>PDF https://tanakayasuo.me/wp-content/uploads/2020/01/43e2fdfa7d0e ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/12/7

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.115「景観とはなにか」VERDAD “Yasuo Tanaka’s New Nippon Theory (Nipponism)”  Vol.115 “What is a Landscape=Cityscape”

NEW 「従来のハコモノ土木建築」から「私たちの文化を遺す公共事業」への転換とはなにか? “越後湯沢化”を防ぐべく、街並みという景観の保全を「マンション軽井沢メソッド宣言」「軽井沢まちなみメソッド」で成し遂げた田中康夫が、明治神宮外苑地区「再開発」の欺瞞を看破するVol.115「景観とはなにか」。 多くの方のご要望にお応えし、英文をアップします。 NEW What is a Landscape=Cityscape Click here for English version  “Will you plea ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/6/30

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.114  「『流通』と『配給』」

「人々の日々の暮らしが姿を消し、『お国のために』が前面に出て来たとき、戦争が始まった。流通が消え、配給が登場した」。 1981年に関西財界セミナーで日向方齊・住友金属工業会長が徴兵制導入を含む「防衛拡張論」を開陳するや「異議あり」と声を上げた「主婦の店・ダイエー」創設者・中内㓛氏の警句です 流通業の好敵手として「武器と麻薬と売春だけは決して扱わない」と事ある毎に発言していたセゾングループの堤清二氏。 経営も政治も戦争も紛争も、全ての起こり得る事象は演算装置のアルゴリズムで解析可能、と端から信じて疑わぬ米欧 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/6/2

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」 Vol.113「お前は既に負けている」

『北斗の拳』ケンシロウの至言「お前はもう死んでいる」を援用すれば「お前は既に負けている」のよ。 「アメリカ合衆国は、中華人民共和国が中国の唯一の合法政府であることを承認する」と1979年1月1日に発効した共同コミュニケを現在も是認する一方で「台湾有事」を煽る自家撞着(じかどうちゃく)に気付かぬ「あたおか」グローバルノースG7。   「戦争・紛争こそ最大の公共事業」と嘯(うそぶ)くアメリカが頭領のG7「北風排除外交」。「同調圧力」を受け流す戦略的自律のインドと「韜光養晦(とうこうようかい)」中国が ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/6/30

「VERDAD」連載「田中康夫の新ニッポン論」Vol.100「全体の奉仕者」

「パブリック・サーヴァント=公僕」としての「サーヴァント・リーダー」 それは田中康夫の政治的態度の最も基調にある❣   批評家・大塚英志、作家・小林信彦の両氏が「田中康夫」を論評した2001年、2002年、2021年、2022年の文章を援用して、 映画『ボストン市庁舎』、泉房穂明石市長にも通ずる「的確な認識・迅速な決断と行動・明確な責任」を併せ持った「全体の奉仕者」とは何かを語る 「田中康夫の新ニッポン論」Vol.100❣ PDF>>>PDF https://tanakayasuo.me/wp- ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/5/24

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.112 「しなやかな是々非々」

「『台湾有事』は起きない」。中国&台湾「両地域」に精通する外務省の垂秀夫・在中国大使が看破。 他方、岸田文雄政権は3年9ヶ月の任期を終えた孔鉉佑・在日本大使の離任挨拶を“塩対応”で拒む。 ウクライナ「徹底抗戦」を「安全地帯」ニッポンで唱和する弁証法なき「国際政治学捨」ムラ&「誤送船団」記者クラブとは月と鼈(すっぽん)な畏姉・遠藤誉さん論考を紹介する「田中康夫の新ニッポン論」Vol.112「しなやかな是々非々」!   「どうして岸田文雄政権は停戦に向け仲介に動かないのか。マスコミも軍事的・戦術的な ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/7/17

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.111「戦争と平和」

「どうして岸田文雄政権は停戦に向け仲介に動かないのか。マスコミも軍事的・戦術的な解説ばかり。僕は怒りすら感じている」安倍晋三政権で首相補佐官を務めた今井尚哉(たかや)氏の直言です。他方で「『徹底抗戦』が必要」「ウクライナが完全に納得するまで戦う以外の道はない」と女流「国際政治学者」に語らせる「好戦的」な「朝日新聞」。 昨年2月24日から1年が過ぎた「ウクライナ攻防戦」に関するY’assyの論考も再録する 「田中康夫の新ニッポン論」最新回「戦争と平和」! PDF>>>>PDF 本文原 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

2023/1/5

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.110「正しいハイエク・新しいケインズ」

日本では同義語だと思われがちな「自由」と「民主」は本来、対立する概念です。 前者はボーダーレス。後者はボーダーコンシャス。 日本では「官」と「公」も、公共事業を連想して同義語だと思われがち。 故に「稼ぐ自治体」を錦の御旗に、公園面積を狭めて商業施設を誘致する事例が渋谷区を筆頭に全国で急増しています。 税金という“お代”を先に頂戴する行政は本来、「自然環境・社会基盤・制度資本」という「民間」では採算が取りにくい、 けれども人間の体温が感じられる私たちの社会を育む上で必要不可欠な「社会的共通資本」(Ⓒ宇沢弘文 ...

ReadMore

最新記事 浅田彰氏との「憂国呆談」

2022/12/30

現代ビジネス」第6回  Part6 【浅田彰×田中康夫 年末連続対談】 プーチンは魅力的な思想家なのか❓ウクライナ問題のリアリティを真面目に考える 2022年12月31日

https://gendai.media/articles/-/104222 6日連続で【年末回顧】 田中康夫・浅田彰が2022年の国際情勢を一挙に総括❣ https://gendai.media/search?fulltext=%E6%86%82%E5%9B%BD%E5%91%86%E8%AB%87&media=gb 「現代ビジネス」第6回  Part1 【年末回顧】中間選挙の敗北後、「トランプ」の予備選勝利は本当にあるのか・・・❣ 2022年12月26日 https://gendai.medi ...

ReadMore

最新記事

2022/12/17

「40年後のなんとなく、クリスタル」まとめサイト

『文藝春秋』2021年2月号(1月9日売)の「巻頭随筆」に 「40年後のなんとなく、クリスタル」を寄稿しました。 PDF>>>PDF (株)文藝春秋の2つのサイトでもお読み頂けます。 「文春オンライン」 田中康夫『なんとなく、クリスタル』発表から40年…的中した“一抹の不安”とは https://bunshun.jp/articles/-/42783 「文藝春秋digital」 「40年後のなんとなく、クリスタル」田中康夫 https://bungeishunju.com/n/ncd58 ...

ReadMore

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.122「陸のコンコルド リニア新幹線」

「俺はリニアは乗らない。だって、地下の深いところだから、死骸も出てこねえわな」JR東日本=東日本旅客鉄道の社長、会長を務めた松田昌士氏(1936~2020)の警句です。 既に2014年の当連載Vol. ...

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.121 「小さく産んで大きく育てる」

「知事、公共事業は『小さく産んで大きく育てる』ものです!!」 往時44歳のYa‘ssyに土木部長と農政部長は述べました。 需要の変化や景気の状況に応じ、途中で一旦休止する選択も可能な道路建設と異なり、 ...

最新記事 田中康夫の新ニッポン論

VERDAD「田中康夫の新ニッポン論」Vol.120「治す・護る・創る」

「減災・防災」の要は「維持修繕」 手足の爪を切るのと同じく重機を用いて1㎡1万円で実施可能な河道掘削=浚渫こそ治水の基本 地元土木建設業者が胸を張って従事可能な地域密着型公共事業❣ 前世紀型OS「造る ...

たまらなく、AOR

2022年03月29日深夜Fm yokohama 84.7「たまらなく、AOR」でお掛けした楽曲7曲をお知らせします。

fm yokohama 84.7 で毎週火曜日深夜24時(水曜日午前零時)から30分間、 Ya‘ssy田中康夫の選曲とお喋りでお届けする「たまらなく、AOR」。 radikoの「タイムフリー」機能で放 ...

たまらなく、AOR

2022年03月22日深夜Fm yokohama 84.7「たまらなく、AOR」でお掛けした楽曲7曲をお知らせします。

fm yokohama 84.7 で毎週火曜日深夜24時(水曜日午前零時)から30分間、 Ya‘ssy田中康夫の選曲とお喋りでお届けする「たまらなく、AOR」。 radikoの「タイムフリー」機能で放 ...

たまらなく、AOR

2022年03月15日深夜Fm yokohama 84.7「たまらなく、AOR」でお掛けした楽曲7曲をお知らせします。

fm yokohama 84.7 で毎週火曜日深夜24時(水曜日午前零時)から30分間、 Ya‘ssy田中康夫の選曲とお喋りでお届けする「たまらなく、AOR」。 radikoの「タイムフリー」機能で放 ...

各種まとめサイト一覧

まとめサイト

「40年後のなんとなく、クリスタル」まとめサイト

『文藝春秋』2021年2月号(1月9日売)の「巻頭随筆」に 「40年後のなんとなく、クリスタル」を寄稿しました。 PDF>>>PDF (株)文藝春秋の2つのサイトでもお読み頂けます。 ...

まとめサイト 最新記事

田中均×田中康夫の憂国対談「2022年 日本の自立像」まとめサイト

「今こそ日本は、慎み深いディーセントdecentな(見苦しくない)誇りを持とう」。 「サンデー毎日」年末年始特大号の巻頭を飾る元外務審議官・日本綜合研究所理事長の田中均さんとの「憂国対談」4頁❣ 非西 ...

まとめサイト

「田中康夫の憂国政談」
「消費者重視の政治」で「ウルトラ無党派層」を掬い上げよ❣

与野党ともに「ウルトラ無党派層」の要請に応える具体的ヴィジョンを示せず、 「ポピュラリズム=大衆迎合」に陥るニッポン。 乳幼児も首相も誰もが1人の消費者との視点に立ち、 「救い・護り・創る」より良き社 ...

© 2024 田中康夫公式サイト